東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2017年1月23日
東芝ライフスタイル株式会社

平成28年度省エネ大賞を冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」2シリーズが受賞

東芝ライフスタイル株式会社の6ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」GR‐K600FWX、GR‐K600FWなど、2シリーズ計8機種が、「平成28年度省エネ大賞」(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省)の製品・ビジネスモデル部門において、<省エネルギーセンター会長賞>を受賞しましたのでお知らせします。


冷凍冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」FWX、FWシリーズ

省エネ大賞とは、省エネルギー意識の浸透と省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的として、国内の省エネを推進する事業者の優れた取組みと、省エネに優れた製品を表彰するものです。

当社6ドア冷凍冷蔵庫は、高い省エネ性能を保持しながら、限られた設置スペースで1クラス上の定格内容積を実現する高容積技術「マジック大容量」を2014年より採用しました。今年度受賞の2シリーズでは、2つの冷却器で2つの温度帯を効率よく冷やす「ツイン冷却システム」の進化を中心とした省エネ技術が評価されました。


【受賞商品の取り組み】
・冷凍サイクルの効率向上等による当社独自の「ツイン冷却システム」の進化に加え、真空断熱材の性能向上等により、前年度機種に対し
 年間消費電力量において43kWh/年(12.6%)削減注1
・「ツイン冷却システム」による冷蔵室・野菜室の高湿度環境の実現、光触媒「ルネキャット」注2 による庫内冷気の除菌注3 、脱臭注4 及び
 野菜室のエチレンガス分解の促進等と併せて、野菜の鮮度保持機能を高め、食品廃棄の無駄を削減。
・ネットワークに接続注5 することで、冷蔵室・冷凍室の半扉検知をメールで通知する機能や消費電力の確認ができ、省エネの意識の喚起に
 つながる。

なお、受賞商品は、2017年2月15日〜2月17日に東京ビッグサイトで開催される「ENEX2017」のアワードコーナーでの展示を予定しています。当社は今後も省エネ性、環境性に優れた技術を追求することで、さらなる環境負荷低減を目指し、新しい豊かな価値を創造する商品・サービスの開発に取り組んでまいります。


注釈一覧:

注1 GR‐K600FWXと当社前年度機種GR‐J610FMとの比較
注2 ルネキャットは(株)東芝の登録商標です。
注3 【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター、【試験方法】410L試験ボックスに菌を噴霧。ルネキャット運転後の変化を測定、【対象場所】冷蔵室、チルドルーム、野菜室、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
注4 【試験方法】ルネキャットあり/なしの冷蔵庫内にアンモニアを注入し、一定時間ごとに検知管で濃度を測定。周囲温度20℃、扉開閉なしの場合。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。またすべてのニオイがとれるわけではありません。当社調べ。
注5 別売の「ホームゲートウェイ」「HAアダプタ」及びパソコンまたはタブレットが必要です。サービスの利用には東芝フェミニティ倶楽部への入会(有料)が必要です。「フェミニティ」は東芝ライテック(株)の登録商標です。


▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright