東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2009年6月15日
東芝ホームアプライアンス株式会社

内釜の外側全面に銅コートとディンプル加工を施した
圧力IH保温釜の発売について
― きめ細かな温度制御でうまみを引き出す
「酵素活性 甘み引き出し」を新採用 ―

当社は、内釜の外側全面に銅コートとディンプル加工を施した圧力IH保温釜の新製品「圧力仕込み RC‐10RY/18RY」の2機種を、7月16日から発売します。

IH保温釜圧力仕込み RC‐10RY

ごはんをおいしく炊き上げるためには、炊飯時の炊きムラを抑えることが必要です。東芝は従来から独自の鍛造製法で5mmの厚みと60度の丸底により羽釜と同じ強力な熱対流を導く鍛造厚釜構造を採用してきました。また、鍛造厚釜の内側には、熱伝導率の高いダイヤモンド微粒子をコーティングしていますが、新製品ではさらに、外側全面に従来比の約2倍のディンプル加工を施すとともに、熱伝導率の高い銅素材をコーティングしました(「剛熱ダイヤモンド銅コート釜」)。この新搭載の内釜は、沸騰の開始時に内釜表面のダイヤモンドチタンコートによりきめ細かい気泡を発生させ、外側の銅コート及び釜全体に熱が行き渡る従来比注1約2倍のディンプル加工により、炊きムラを抑えた均一な炊き上がりを実現しています。

剛熱ダイヤモンド銅コート釜

さらに、ごはんのおいしさにとって欠かせないはりとつやを引き出すため沸騰時に圧力をきめ細かく制御して炊きます(圧力剛熱「はりつや炊き」)。それに加えて、炊飯の加熱過程でのきめ細かな温度制御によりお米が本来持っている甘みを引き出す「酵素活性 甘み引き出し」の機能を新搭載しました。

また、より操作性を高めるために本体の形状を一新し、操作部を上蓋の中へコンパクトにまとめた蓋パネルのデザインを新採用しました。加えて、汚れやすい内釜の周囲を拭き取りやすいステンレス製のクリーンフレームとし、お手入れもしやすくしています。

他に、季節による水温の変化に応じて浸し時間を最適に制御する「年中ぴったり浸し」、予約炊飯の長時間の浸しでも火力の調整でお米の煮崩れを抑える「ふっくら予約炊き」を搭載しています。加えて、「早炊き」「玄米」「無洗米」「発芽玄米」「雑穀米」と多彩なコースで炊飯可能な上に、保温時のつゆ付きを防ぐ「つゆとばし保温ダブルヒーター」、「無洗米コース&発芽玄米コース」、お手入れのしやすい「着脱丸洗い可能な内蓋&蒸気口」等の便利な機能も搭載しています。新製品は、いずれも2008年度省エネ基準達成率102%です。

注1 当社従来機種RC−10PY、RC−18PYとの比較において

新製品の概要

形 名 容 量 本体色 発売日 価 格 目標月産台数
RC-10RY 1.0L (N)シャンパンゴールド 7月16日 オープン 2万台
RC-18RY 1.8L

ecoスタイル

新品化の背景と狙い

保温釜の2009年度の総需要は昨年度並みの約600万台、このうちIH式の構成比は6割を超えると推定しています(東芝調べ)。

昨今の「内食化傾向」を受け、家でおいしいご飯を食べたいというニーズは高まっており、健康志向の高まりを受け、玄米、雑穀米等の炊飯ニーズも重要視されています。さらに、内釜や本体のお手入れのしやすさも重要視されています(東芝調べ)。

当社はこうしたニーズを受け、ごはんの旨みを引き出す最適加熱の実現と、お手入れのしやすさと操作性を向上した新製品を商品化しました。

購入時の重視点

新製品の主な特長

1. 炊きムラを抑える新搭載の内釜「剛熱ダイヤモンド銅コート釜」

ごはんをおいしく炊くには、炊飯時の炊きムラを抑えることが欠かせません。炊きムラを抑えるには、内釜全体の熱効率を高め、釜内部の熱対流を強める必要があります。東芝独自の溶湯鍛造製法で、成型した鍛造厚釜は、高密度で蓄熱性に優れるだけでなく、羽釜と同じ60度の丸底形状により強い熱対流を導きます。鍛造厚釜の内側には、沸騰の開始時にきめ細かい気泡を内釜表面に発生させる熱伝導率の高いダイヤモンド微粒子を含む「ダイヤモンドチタンコート」を採用しています。さらに、新搭載の内釜は、内釜の外側全面に熱伝導率の高い銅素材をコーティングし、従来機種注2では釜底のみだったディンプル加工を外側全面に施しました。これにより、ディンプルの数は従来の約2倍注3、表面積では従来の約1. 2倍注3となりました。この東芝独自の新内釜「剛熱ダイヤモンド銅コート釜」により、炊きムラを抑えた均一な炊き上がりを実現しました。

注2 当社従来機種RC−10PY、RC−18PY
注3 当社従来機種RC−10PY、RC−18PYとの比較において

2. ごはんの甘み、はり、つやを引き出す きめ細かい制御

炊飯は、「浸し」「沸騰立ち上げ」「沸騰」「むらし」と進みますが、「沸騰」する前の「沸騰立ち上げ」の過程で、40度から70度の温度帯をゆっくり上昇させると、芋をゆっくり加熱すると甘みが増すことが知られているように、お米に含まれる酵素「アミラーゼ」を十分に活性化することが可能になり、お米が本来持っている甘みを引き出すことができます。新製品では、この温度帯の通過時間を従来より長くした新採用「酵素活性 甘み引き出し」により、従来機種比でごはんの甘み(還元糖類量)を約20%注4向上することができました。

さらに、ごはんのおいしさにとっては、この「甘み」の他に「粘り」「硬さ」「つや」「香り」が重要です。沸騰時に圧力をかけ、炊飯の最後にあたる「むらし」の過程で加熱量を上げることで、「粘り」「硬さ(やわらかさ)」「つや」「香り」を引き出します(圧力剛熱「はりつや炊き」)。

注4 当社調べ、当社従来機種RC−10PYとの比較において

ごはんのおいしさを引き出す炊飯の過程

3. メニューに合わせてかたさを変えられる炊き分け

炊飯中の圧力と時間を細かく制御し、温度ムラを抑えて一粒一粒をはりとつやのあるごはんに炊き上げます。ごはんのかたさも従来機種注5の3段階(「やわらか」「ふつう」「しゃっきり」)に「もちもち」を加えた4段階とし、カレーなどの料理から丼ものまでメニューに応じたかたさで炊き分けができます。また、季節による水温の変化に対応して、浸し時間を制御する「年中ぴったり浸し」、長時間予約の浸し条件でも、炊飯中の沸騰時間を制御することで、お米の煮崩れを抑えて炊き上げる「ふっくら予約炊き」も搭載しています。

注5 当社従来機種RC−10PY、RC−18PY

4. 操作をしやすく、お手入れも簡単にした新デザイン

蓋パネルの新デザイン

操作部をコンパクトに上蓋の中にまとめた蓋パネルのデザインを新採用しました。加えて、日々の炊飯で一番汚れの気になる内釜周囲のフレーム部に拭き取りやすいステンレス製のクリーンフレームを採用し、お手入れをしやすくしました。


5. 便利な機能など

・炊き上がり残時間表示:

沸騰後のむらしが始まると、従来から1分単位で時間表示のカウントダウン表示を行っていました。おかずの準備を計るのに便利なように、炊飯開始からむらしまでの間も5分単位でカウントダウン表示する機能を新たに追加しました。

・つゆとばし保温ダブルヒーター:

蓋ヒーターと胴ヒーターのダブルヒーターにより、内蓋や内釜のつゆつきを抑え、保温時のご飯のべちゃつきを防ぎます。

・内釜フッ素コーティング3年保証注6:

内釜は、洗米も可能な耐磨耗性の高いフッ素樹脂コーティグ加工です。

注6 ご購入後3年以内に内側のコーティングがはがれた場合は新品の内釜とお取替えします(説明書の記載事項に沿わない使い方をした場合は対象外となります)。

6. 環境への配慮

新製品では、電子ユニットの基板には鉛はんだを一切使用しないなど環境に有害な素材の使用を控え、省エネを推進するため、デザインの変更に合わせ、断熱構造を取り入れた新設計を採り入れています。新製品は、いずれも2008年度省エネ基準達成率102%です。

■「ecoスタイル」について

東芝の家庭電器グループ注7では、「節電」「節水」などの環境調和型の家電商品をご使用いただくことで、意識せずに快適で環境に配慮した生活を実現するライフスタイル「ecoスタイル」を提案しています。

エネルギーと資源の有効活用である節電・節水、再生利用のしやすい設計、特定化学物質の使用制限などに配慮した環境調和型の商品を「モノづくり」の基本としています。「地球内企業」として、環境性能に優れた商品を提供することで、より良い地球環境の実現に貢献します。

注7  東芝ホームアプライアンス(株)、東芝ライテック(株)、東芝キヤリア(株)、東芝コンシューママーケティング(株)等の各社及び傘下会社


新製品の主な仕様

形  名 RC‐10RY RC‐18RY
(N)シャンパンゴールド
容  量 1.0L 1.8L
方  式 圧力IH(DSI制御)
圧力制御 1. 0気圧〜1. 05気圧
内  釜 鍛造 剛熱ダイヤモンド銅コート釜(釜厚5mm)
 (外側:銅コート,内側:ダイヤモンドチタンコート)
フッ素コーティング3年保証注8
炊飯コース 白米、無洗米、炊込み、早炊き、玄米、発芽玄米、おかゆ、雑穀米
炊きわけ 4段階(もちもち、やわらか、ふつう、しゃっきり)
着脱蒸気口&内蓋
予約メモリー数 2
外形寸法 幅274×奥行333×高さ224mm 幅305×奥行364×高さ262mm
質   量 約4.9kg 約6.1kg
消費電力(炊飯) 1100W 1300W
1回当たりの
炊飯時消費電力量
202WH/回 266WH/回
1時間当たりの
保温時消費電力量
14. 9WH/H 21. 5WH/H
年間消費電力量注9 95.6 kWH/年 区分:B 148. 1kWH/年 区分:D
2008年
省エネ基準達成率
102% 102%
注8 ご購入後3年以内に内側のコーティングがはがれた場合、新品の内釜とお取り替えします。(説明書の記載事項にそわない使い方をした場合は対象外となります)
注9 年間消費電力量は省エネ法・特定機器(ジャー炊飯器)測定法による数値です。(区分名も同法に基づく炊飯方式、炊飯容量によります。)

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針