東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2011年7月28日
東芝ホームアプライアンス株式会社

マイナスイオン発生器をヘッド部に搭載した
サイクロン式クリーナーの発売について
−デュアルトルネードシステムで吸引力が持続、
エコモード運転で消費電力量を最大約60%削減注1

当社は、サイクロン式クリーナーの新製品「TORNEO(トルネオ)」VC−CG511Xを9月16日より発売します。

VC−CG511X

新製品は、マイナスイオンとAG(銀)の効果で床面のゴミの静電気を抑え、床から離れやすくすることで床を拭いた注2ようにお掃除できる新型床ブラシ「AGパワーイオンヘッド」(モーター式)を搭載しました。床ブラシにマイナスイオン発生器を搭載し、ゴミをかき取る回転ブラシに銀繊維を採用することで床面のゴミの静電気を抑え、ゴミを取りやすくしています。また、じゅうたんやフローリングなどの床面状況を検知、識別し、床面に合わせた最適なパワー制御を行います。さらに、赤外線方式の「ゴミ残しまセンサー」がゴミの有無を検知しパワーを制御するため、ゴミがなくなれば自動でパワーをすばやく低下するなど無駄な電力消費を抑えることができます。これにより「エコモード運転」時は強モード運転に比べ、消費電力量を最大約60%削減注1できます。

AGパワーイオンヘッドと床ブラシで一往復した後のゴミ取れ比較

サイクロン方式でゴミを高速分離し吸引力を持続させる注3「デュアルトルネードシステム」は、ゴミを強力に圧縮できるため、ゴミ捨てが簡単です。ダストカップが上下2つのゾーンから成る遠心分離方式で、上部では高速気流で強力にゴミと空気を分離し、排気に含まれる細塵を抑えることで強い吸引力を99%持続注3させ、下部では低速気流でゴミを圧縮します。ゴミ捨てもワンタッチ操作でできます。

デュアルトルネードシステム

さらに、腕への負担を軽減し、ラクにお掃除ができるよう人間工学に基づいた角度で設計された「らくわざグリップ」と軽量約330Gの「らくわざ延長管」、集合住宅や遅い時間帯でも気兼ねなくお掃除ができるやさしい運転音の「クワイエ構造」を採用しています。加えて、排気を清潔にするために、微細塵を捕らえる「HEPAフィルター」、抗菌効果注4・ウイルス抑制注5に加え、ダニの死がい、花粉等を捕える「フラボノイドフィルター注5(イチョウ葉エキス入り)」を搭載しています。

また、サイクロン式クリーナー「TORNEO(トルネオ)」のシリーズとしてVC−CG311、C211と、「AGパワーイオンヘッド」を搭載した紙パック式クリーナー VC-PG311を9月1日より発売します。

VC−CG311 C211


注1 当該機種(VC−CG511X)の「強モード(1000W時):年間消費電力量約37KWH/年」と「エコモード:年間消費電力量約15KWH/年」の比較。当社条件(エコモードで1日6分間運転)による試算値。電気掃除機の1日当りの平均使用時間:約6分(日本電気工業会自主基準による)。
注2 水拭きする機能ではありません。また、液体などが乾燥して床面に付着した汚れは取れません。
注3 当社試験ゴミ(繊維ゴミ(綿・紙・毛髪等)1/3質量、砂ゴミ2/3質量)による吸込力性能試験結果より(掃除の都度、フィルターお手入れ自動機構を作動させ、ダストカップのゴミがない状態からゴミすてラインまでの風量の持続性が99%以上)。ただし、ゴミの種類や条件によって異なります。
注4 抗菌効果
抗菌の加工処理を
行っている部分の名称
試験機関 試験方法 試験結果 抗菌の方法
床ブラシ(回転部のブラシ毛) (財)日本化学繊維検査協会 JIS L 1902 99%以上減少 繊維に付着
フラボノイドフィルター (財)日本食品分析センター JIS Z 2801 繊維に含浸
注5 フラボノイドフィルターのその他の効果
・ウイルス抑制について:試験機関/(財)日本食品分析センター、試験方法/ウイルスに対する効力試験、試験結果/99%以上
・抗ダニ・スギ花粉について:試験機関/東京農工大学、試験方法/ウェスタンブロット法、試験結果/99%以上抑制(ダニ)、97%以上抑制(スギ花粉)

新製品の概要

方 式 形 名 価 格 発売日 月次販売目標
サイクロン式 VC−CG511X (R)グランレッド
(N)ピンクゴールド
オー
プン
9月16日 5千台
VC−CG311 (P)メタリックピンク
(N)ピンクゴールド
9月1日 8千台
VC−C211 (N)レディッシュゴールド 5千台
紙パック式 VC−PG311 (R)グランレッド 3千台

ecoスタイル


開発の背景と狙い

2011年度の国内クリーナー市場は年間約540万台、その内サイクロン方式は約45%の構成とみています(東芝調べ)。サイクロン方式は増加傾向にあり、中でも高価格帯のサイクロン式クリーナーの購入意向者が重視するポイントとして「強い吸引力が続くこと」「自動クリーニング」「ワンタッチゴミ捨て」が挙げられます(東芝調べ)。当社は、こうしたニーズを踏まえ、新開発の遠心分離方式を採用し、「ゴミ捨てをより簡単に」し、「使い勝手を向上」したサイクロン式クリーナーを商品化し発売します。


新製品の主な特長(VC−CG511X)

1. マイナスイオンとAGで静電気を抑えゴミを取りやすくする「AGパワーイオンヘッド」

新製品は、マイナスイオンとAG(銀)の効果で床面のゴミの静電気を抑え、ゴミを取りやすくする「AGパワーイオンヘッド」(モーター式)を新搭載しました。床ブラシ中央部に搭載したマイナスイオン発生器から広範囲に飛び出すマイナスイオンがハウスダスト、菌注6などを包み込み、静電気の発生を抑えることで、ゴミを床から引き離しやすくします。また、ヘッドと床面との接触で発生する静電気を、ブラシに配合した銀繊維による効果で抑えています。これらにより、フローリングにおけるゴミが取れやすくなり、さらにヘッド部と床面との密閉性も高められたことで、じゅうたん上のゴミも浮き上がりやすくなっています。加えて、床ブラシ上部2箇所の「床上ダストゲッター」から浮遊ゴミも吸い込みます。

注6 菌の除去効果:菌の除去効果を保証するものではありません。長時間の使用によるブラシの劣化等で97%以上の除去効果をは拭き掃除直後のものであり、長時間の効果を保証するものではありません。長時間の使用によるブラシの劣化等で97%以上の除去効果は減少することがあります。【試験依頼先】(財)日本食品分析センター 【試験方法】試験板に試験菌液を均一に塗布、完全に乾燥させ、床ブラシで5往復掃除後生残菌測定 【試験結果】97%以上の除去効果を確認(試験番号第11069640001−01号)

2. 「ゴミ残しまセンサー」&「らくわざ延長管」で見えないゴミをしっかり検知

ゴミ残しまセンサー&らくわざ延長管

本体吸込み口先端に配置された赤外線方式の「ゴミ残しまセンサー」がゴミやホコリを検知し、延長管中央部分を光らせてゴミの取り残しの有無をお知らせします。同時に手元スイッチの「ゴミ残しまセンサーランプ」も点灯し、感知するゴミが無くなると消灯するので、目に見えないゴミやホコリもランプで確認しながらお掃除できます。しかも、「らくわざ延長管」は軽量330Gで扱いがラクになっています。


3. 消費電力量を最大約60%削減注1する「エコモード」

「エコモード」運転では消費電力量を最大約60%削減注1します。「AGパワーイオンヘッド」がじゅうたんやフローリングの床面検知を行い、床面に合せた最適なパワー制御でお掃除し、また、床面から床ブラシが浮いた場合には自動で吸引力を低下させます。さらに、「ゴミ残しまセンサー」がゴミの有無を判別し、ゴミが少ない時は自動で吸引力を低下して無駄な電力消費を抑えます。

エコモード


4. 吸引力が持続注3し、ゴミを強力に圧縮する「デュアルトルネードシステム」

高速気流の「遠心分離ゾーン」と低速気流の「圧縮集塵ゾーン」の2つのゾーンから成る「デュアルトルネードシステム」で吸引力を持続注3します。ダストカップ上部の「遠心分離ゾーン」で強力にゴミと空気を分離し、排気に含まれる微細塵を抑えることでフィルターの目詰まりを防ぎ、吸引力を持続させます。下部の「集塵ゾーン」ではゴミを強力に圧縮するため、ゴミの舞い上がりが抑えられ、お掃除後はワンタッチでダストカップの底から、ゴミを捨てられます。また、ダストカップは、静電気を抑え清潔さを保つために帯電防止剤と、傷つきを抑えるUVコーティングを採用しています。加えて、スイッチを切る度にプリーツフィルターを自動でお掃除する「全自動クリーニング」です。ダストカップ、プリーツフィルターも水洗いできます。


5. 人間工学から生まれた腕に負担をかけにくい「らくわざグリップ」

らくわざグリップ

「らくわざグリップ」は、自然な手首の姿勢でグリップを持てるように、延長管の延長線上に対して約100度の位置にグリップの握り部分を設け、手を軽く添える感覚で操作できます。また、床ブラシを引く時も手が抜けにくく、滑りにくいグリップの形状ですので、お掃除がラクにできます。「らくわざグリップ」は、2011年度のドイツ・ユニバーサルデザイン賞を受賞したサイクロンクリーナーVC−CG510Xにおいて、高く評価されました。


6. やさしい運転音「クワイエ構造」で時間や周りを気にせずしっかりお掃除

独自のクワイエ構造により、やさしい運転音を実現しました。やさしい運転音(55DB)なので、時間帯や周りを気にせずお掃除ができます。


7. 「高集塵クリーン排気設計」

排気を清潔にするため、微細塵を捕らえる「HEPAフィルター」、抗菌効果注4・ウイルス抑制注5に加え、ダニの死がい、花粉等を捕える「フラボノイドフィルター注5(イチョウ葉エキス入り)」、また「高集塵プリーツフィルター」にニオイを脱臭するゼオライトを採用しています。これらにより粒子径0. 3μM以上の微細塵を約99. 99%捕塵注7するので、キレイな排気でお掃除を快適にします。

注7 当社試験ゴミ(タルク9種)において

高集塵クリーン排気設計


8. 環境への配慮

電子ユニットの基板には、鉛はんだを一切使用しないなど、環境に有害な素材の使用を控えた上、梱包材には発泡スチロールを使用しない環境に配慮した設計です。


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。


紙パック式クリーナー VC−PG311の主な特長

9月1日に同時発売する紙パック式クリーナーVC−PG311は、小型軽量(本体質量3. 4KG)ボディで扱いやすい上に、強力モーターの搭載で吸込仕事率610Wのハイパワーを実現しています。さらに、静電気を抑えるマイナスイオン発生器と銀繊維を配合したAGブラシを搭載した「AGパワーイオンヘッド」を新採用することで、床面を拭いた注1ようにお掃除できます。また、ゴミの有無を赤外線センサーによって検知する「ゴミ残しまセンサー」との連動で、ゴミの有無の判別と床面の状況に応じて吸引力を制御できるため、「エコモード」選択時には、強モードの運転に比べ消費電力量を約58%削減注8できます。

VC-PG311

注8 当該機種(VC−PG311)の「強モード(1000W時):年間消費電力量約35KWH/年」と「エコモード:年間消費電力量約15KWH/年」の比較。当社条件(エコモードで1日6分間運転)による試算値。電気掃除機の1日当りの平均使用時間:約6分(日本電気工業会自主基準による)。

新製品の概要

形  名 VC−CG511X VC−CG311 VC−C211
方  式 サイクロン式
消費電力 1000W 1000W 1000W
本体寸法 長さ385×幅253
×高さ253mm
長さ363×幅253
×高さ252mm
吸込仕事率注9 450W 450W 450W
運転音注10 55DB 60DB 60DB
クワイエ構造
デュアルトルネードシステム
らくわざグリップ
HEPAフィルター
フィルター 高集塵プリーツフィルター(ゼオライトで脱臭)、
フラボノイドフィルター
床ブラシ(モーター式) AGパワーイオンヘッド フロアフリー
イオンヘッド
ピカッとどこでもブラシ ○(LED付)
ワンタッチどこでもブラシ
ゴミ残しまセンサー
らくわざ延長管
エコモード
付属品 丸ブラシ、
すき間ノズル、
フィルター
お手入れブラシ、
別売品用アタッチメント
すき間ノズル、
フィルターお手入れブラシ、
別売品用アタッチメント

注9 吸込仕事率とはJIS規格に定められている吸込力の目安で、最大値を表示しています。使用時の吸塵力は吸込仕事率以外に吸込具の種類・ゴミのたまり具合や床材の違い等によって異なります。お掃除の際は、ふさわしいポジションをお選びください。
注10 「運転音」の表示は、JIS C 9108による。

形  名 VC‐PG311
方  式 紙パック式
消費電力 1000W
本体寸法 長さ355×幅252×高さ218mm
吸込仕事率注9 610W
運転音注10 67DB
集塵容積 1. 4L
らくわざグリップ
らくわざ延長管
排気方式 やわらか分散排気
フィルター ゼオライトフィルター、フラボノイドフィルター、
光触媒脱臭フィルター
床ブラシ(モーター式) AGパワーイオンヘッド
ワンタッチどこでもブラシ
ゴミ残しまセンサー
エコモード
付属品 すき間ノズル、
高性能トリプルパックフィルター1枚(VPF−7)、
別売品用アタッチメント



 プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針