東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2011年7月28日
東芝ホームアプライアンス株式会社

従来比で本体質量を約36%軽量化注1した
コンパクト・サイクロン式クリーナーの発売について
−デュアルトルネードシステムで吸引力が持続、
エコモード運転で消費電力量を約38%削減注2

当社は、サイクロン式クリーナーの新製品として、本体質量2. 5sで、吸引力を99%以上持続する注2「TORNEO mini (トルネオ ミニ)」 VC−C11、C11Aを9月1日より発売します。

VC−C11 C11A

新製品は、新開発の小型軽量の高効率モーターの採用、電源コードの軽量化、スリム化したボディデザインなどにより本体質量2. 5KGを実現したコンパクト・サイクロン式クリーナーです(従来機種VC−CY9D 本体質量3. 9KG)。手軽で扱いやすい上に、吸引力を99%以上持続注3する「デュアルトルネードシステム」を搭載しています。高速分離と圧縮集塵を両立したこのシステムにより、吸込んだゴミを強力に圧縮し、ホコリの舞い上がりを抑えるため、ゴミ捨ても清潔で簡単にできます。

さらに、ヘッドの動きや床面の状況に応じて吸引力を制御できるため、「エコモード」選択時には、強モードに比べ消費電力量を約38%削減注2して運転できます。

加えて、2011年度のドイツ・ユニバーサルデザイン賞を受賞したサイクロンクリーナーVC−CG510Xで高く評価された「らくわざグリップ」を搭載していますので、お掃除中腕への負担がかかりにくくなっています。

新製品VC−C11 本体質量と寸法

注1 VC−C11本体質量2. 5KGに対し、2009年発売の当社従来モデルVC−CY9D本体質量3. 9KGとの比較。
注2 当該機種の「強モード(850W時):年間消費電力量約31KWH/年」と「エコモード:年間消費電力量約19KWH/年」の比較。当社条件(エコモードで1日6分間運転)による試算値。電気掃除機の1日当りの平均使用時間:約6分(日本電気工業会自主基準による)。
注3 当社試験ゴミ(繊維ゴミ(綿・紙・毛髪等)1/3質量、砂ゴミ2/3質量)による吸引性能(風量)試験において、試験ゴミ吸引前の初期データと、ちり落としつまみを5周程度回してフィルターお手入れし、ゴミすてラインまで試験ゴミを吸引した後のデータとの比較(持続力99%以上)。ゴミの種類によって異なります。

新製品の概要

形 名 床ブラシ 価 格 発売日 月次販売目標
VC‐C11 パワーブラシ (R)グランレッド
(S)シルバー
オープン 9月1日 1万台
VC‐C11A ターボブラシ (P)ピンク オープン 9月1日 8千台

ecoスタイル


開発の背景と狙い

2011年度のクリーナー市場は年間約540万台と推測しており、その内サイクロン式は約45%の構成とみています(東芝調べ)。クリーナー購入時の重視点としては、上位に「軽量・コンパクト」「強い吸引力(吸引持続力)」「クリーンな排気」が挙げられています(東芝調べ)。当社はこうしたニーズを踏まえたサイクロン式クリーナーの新製品を商品化し発売します。


新製品の主な特長 

1. 本体質量を従来比で約36%軽量化注1、コンパクトボディで使いやすい

新製品は、新開発の小型軽量の高効率モーターの採用、電源コードの軽量化、スリム化したボディデザインなどなどから本体質量を2. 5sを実現した軽量コンパクトボディです。従来機種VC−CY9Dの本体質量3. 9KGに比べ約1. 4kg軽量化できました。床ブラシ、延長管などを含む標準質量においてもVC−C11で4. 3KG、C11Aでは4. 0KGと軽いため、移動の際の持ち運びも負担が少ない上に、掃除中の取りまわしもスムーズにできます。


2. 高速分離と圧縮集塵の「デュアルトルネードシステム」

吸引力を99%以上持続する注3「デュアルトルネードシステム」の搭載により、ダストカップ上部でゴミと空気を高速分離して吸引力を持続注2させ、ダストカップ下部で吸込んだゴミを強力に圧縮します。さらに、分離部と集塵部の形状を、従来のトルネオシリーズより小型化したことにより圧縮力が向上し、ゴミをたくさん吸込むことができます。また、圧縮したゴミはホコリの舞い散りを抑えられるため、清潔で簡単に捨てられます。

また、プリーツフィルターのお手入れは手動になりますが、ダストカップを取り外すことなく、本体上部にあるちり落としつまみを回転させるだけで、手を汚さずに行えます。

新製品VC−C11 本体質量と寸法


3. 強モードに比べ消費電力量を約38%削減注2する「エコモード」

「エコモード」選択時は、ヘッドを浮かせるたびに吸引力を自動で低減できるため、強モード使用時に比べて消費電力量を約38%削減注2できます。


4. 排気を清潔に、脱臭、ウイルスの活動も抑制注4

排気を清潔にするため、イチョウ葉エキス入りの「フラボノイドフィルター」と「ゼオライトプリーツフィルター」を搭載しています。「フラボノイドフィルター」は、抗菌効果注5・ウイルスの活動を抑制するほか、ダニ、花粉などのアレル物質の活動を抑制する効果があります注4。また「ゼオライトプリーツフィルター」は、強力な脱臭効果があり、両フィルターにより、0.5μm以上の微細塵を約99.9%注6捕え、排気の清潔さを高めます。


注4 ウイルス抑制について:試験機関/(財)日本食品分析センター、試験方法/ウイルス浮遊液を滴下しウイルス感染量を測定、試験結果/6時間後に99%以上抑制(フラボノイドフィルターに捕獲したものを抑制します)
抗ダニ・スギ花粉について:試験機関/東京農工大学、試験方法/ウェスタンブロット法、試験結果/99%以上抑制(ダニ)97%以上抑制(スギ花粉)
注5 抗菌効果について
抗菌の加工処理を
行っている
部分の名称
試験機関 試験方法 試験結果 抗菌の方法 抗菌の処理を
行っている
部分の名称
床ブラシ (財)日本化学繊維検査協会 JIS L 1902 99%以上 繊維に付着 ブラシ毛
フラボノイド
フィルター
(財)日本食品分析センター JIS Z 2801 99%以上 繊維に含浸 不繊布
注6 当社試験ゴミ(タルク9種)において

5. お掃除中の負担を軽くする「らくわざグリップ」

らくわざグリップ

操作性向上のためグリップ部に、人間工学に基づき腕に負担のかかりにくい形状の「らくわざグリップ」を採用しました。手首に負担がかかりにくく自然な姿勢でグリップを持てるよう、延長管の延長線上に対して約100度の位置にグリップの握り部分を設け、手を軽く添える感覚で操作できるデザインになっています。手首の動きが直に伝わるため前後左右にヘッド部を動かす操作も楽にできます。掃除中に本体を持ち運ぶ場合にも便利なホース接続部のハンドルも付けました。


6. 便利なコンパクトヘッド

VC−C11は、モーター駆動で壁ぎわや隙間をしっかり掃除する回転ブラシの「軽量コンパクトパワーヘッド」(軽量480G)を、C11Aは、フローリングをキレイに掃除できるエアー駆動回転ブラシの「フローリングターボヘッド」を搭載しています。いずれも、ヘッド上部の「床上ダストゲッター」から浮遊ホコリを吸い込みます。回転ブラシは、取り外して水洗いできる抗菌注4仕様です。


7. 環境への配慮

電子ユニットの基板には、鉛はんだを一切使用しないなど、環境に有害な素材の使用を控えた上、梱包材には発泡スチロールを使用しない環境に配慮した設計です。


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。


新製品の概要

形  名 VC‐C11 VC‐C11A
吸込仕事率注7 330W 320W
消費電力 850W
本体寸法 長さ315×幅215×高さ238MM
運転音注8 64DB
本体質量 2. 5KG
集塵容積 0. 25L
デュアルトルネードシステム
エコモード
フィルター 高集塵プリーツフィルター(ゼオライトで脱臭)
フラボノイドフィルター
らくわざグリップ
延長管 ロック式伸縮延長管
床ブラシ 軽量コンパクトパワーヘッド
(モーター式)
フローリングターボヘッド
(エアー式)
付属品 すき間ノズル、フィルターお手入れブラシ、
別売品用アタッチメント

注7  吸込仕事率とはJIS規格に定められている吸込力の目安で、最大値を表示しています。
使用時の吸塵力は吸込仕事率以外に吸込具の種類・ゴミのたまり具合や床材の違い等によって異なります。お掃除の際は、ふさわしいポジションをお選びください。
注8 「運転音」の表示は、JIS C 9108による



 プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針