東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2011年9月29日
東芝ホームアプライアンス株式会社

「新・アクティブサスペンション」を搭載したドラム式洗濯乾燥機の発売について
−業界トップクラス約30分注1で9KGを洗濯、洗濯が予定時間で正確に終了−

当社は、「新・アクティブサスペンション」の搭載で、洗濯時間が業界トップクラスの約30分注1(定格9kg洗濯時)で終わり、どの洗濯コースも予定時間で正確に終了するドラム式洗濯乾燥機「ヒートポンプドラム ZABOON(ザブーン)」の新製品TW−Z9200Lなど4機種を11月中旬から発売します。

TW−Z9200LE


TW−Z8200L


新製品は、脱水の初めに発生しがちなドラムの横揺れ、縦揺れによる振動を吸収する「新・アクティブサスペンション」を搭載し、洗濯時間は標準コースで業界トップクラスの約30分注1(定格9kg洗濯時)で終了します。「新・アクティブサスペンション」は、ドラムを支えるサスペンションの硬さの可変による振動の大幅な軽減に加え、新たにドラムが1回転する間にサスペンションの硬さを4回切換える「能動制御」を採用することで、その精度と性能を向上させました。これにより、バスマット、ジーンズが1枚でも洗濯できる上、低振動・低騒音運転を可能にしています。

新・アクティブサスペンションの仕組みと働き

また、東芝独自の「ヒートポンプ除湿乾燥ユニット」の改良により定格6kg洗濯乾燥時において、業界トップクラスの消費電力量665WH注2の省エネ性能を実現しました。さらに、布量、布質、温度の3つのセンサー検知で最適運転を行なう「エコモード」により、最大約7%注3節水できます。加えて、汚れの少ない衣類の洗濯に最適な「節約コース」も新設しました。乾燥には、衣類の縮み、傷みを抑えた「ヒートポンプ除湿乾燥」に加え、乾燥風量の向上とクイックターン制御によりシワをさらに抑えた「上質乾燥コース」を新搭載しました。


新製品の概要

形 名 扉開閉 本体色 容 量 価格 発売日 月間販売目標
TW‐Z9200L 左開き (WS)
ホワイトシルバー
(P)
ピンクゴールド
洗濯・脱水
:9kg
洗濯乾燥
:6kg
オー
プン
11月中旬 1万台
TW‐Z9200R 右開き (WS)
ホワイトシルバー
11月中旬
TW‐Z8200L 左開き (WS)
ホワイトシルバー
(WP)
ホワイトピンク
11月中旬
TW‐Z8200R 右開き (WS)
ホワイトシルバー
11月中旬

ecoスタイル


開発の背景と狙い

2011年度の国内の洗濯機需要は約470万台、その中でもドラム式洗濯乾燥機の需要は約67万台と予測しています(東芝調べ)。ドラム式洗濯乾燥機のユーザーニーズとして、基本性能の「洗浄力」「省エネ・節水」に加え、「洗濯が時間どおりに終わらない」「洗濯時間が長すぎる」などの不満点により洗濯時間の「正確さ」「時短化」が挙がっています。

当社は、こうしたニーズに応え洗濯時間の正確さ、洗濯時間の短縮を可能にしたドラム式洗濯乾燥機を商品化し発売します。


新製品の主な特長

1. 「新・アクティブサスペンション」搭載により、洗濯が予定時間で正確に終了

新製品は、「新・アクティブサスペンション」の搭載により、洗濯時間が標準コースで業界トップクラスの約30分注1 (定格9kg洗濯時)で終了します。「洗濯が時間どおりに終了しない」主な原因は、ドラム内の衣類の片寄りによって脱水の初めに振動が大きくなり、脱水のやり直しや注水によるほぐし運転を行なうためでした。ドラムの横揺れ、縦揺れによる振動を吸収する「新・アクティブサスペンション」は、ドラムを支えるサスペンションの硬さの可変による振動の大幅な軽減に加え、新たにドラムが1回転する間にサスペンションの硬さを4回切換える「能動制御」を採用することで、その精度と性能を向上させました。さらに、振動が低減されるため高速回転までの到達時間の短縮などにより、9kg洗濯時に約30分の洗濯が可能になっています。これらにより、バスマット、ジーンズが1枚でも洗濯できる上、振動吸収に適した新しい側板のデザインなどにより低振動・低騒音運転を可能にしています。

新・アクティブサスペンションによる能動制御 洗濯時間の比較


2. 業界トップクラスの消費電力量665WH注2の省エネ性能 (定格6KG洗濯乾燥時)

東芝独自の「ヒートポンプ乾燥ユニット」の改良により、省エネ性能を高め、定格6kg洗濯乾燥時において、業界トップクラスの消費電力量665WH注2を実現しました。熱交換器の効率の向上、ヒートポンプの冷媒流量を調整するPMV(Pulse Motor Valve)制御の最適化、コンプレッサーの運転効率の向上などにより「ヒートポンプ乾燥ユニット」の能力が向上しています。

加えて、布量、布質、温度の3つのセンサー検知で最適運転を行なう「エコモード」により、最大約7%注3の節水になります。さらに、汚れの少ない衣類の洗濯に最適な「節約コース」を新設しました。標準コースに比べ電気、水道、洗剤量が抑えられ、ランニングコストが6kg洗濯時において約4割節約できる上、洗濯時間も約26分になります。

また、電力不足発生時には、一時停止して指定時間後に自動で運転を再開できる「ピークシフトモード」、脱水時の消費電力を抑える「ピークカットモード」も新採用しています。


3. 新搭載「上質乾燥」で乾燥のシワを抑えて上質な仕上りに(TW−Z9200L/Rのみ)

「ヒートポンプ除湿乾燥」は、衣類の縮み、傷みを抑えながら乾燥します。新搭載「上質乾燥」コースは、乾燥風量の約20%向上と、ドラムの反転速度を早めた「クイックターン」により衣類の重なりを広げ、乾燥シワ、乾きムラを抑えたさらに上質な乾燥を目指します。

ヒートポンプ除湿乾燥による上質乾燥


4. 高い洗浄力と短時間洗濯を実現する「節水ザブーン洗浄」

「節水ザブーン洗浄」は、「アクティブS−DDモーター」「3つの高精度センサー」と、毎秒1300万回の演算ができる「DSP(DIGITAL SIGNAL PROCESSOR)」の働きにより衣類を高い位置から落とす「パワフルたたき洗い」と「手もみ洗い」に、「高圧ダブルシャワー」を当てながら洗う「遠心洗い」を組み合わせた洗浄方式です。「遠心洗い」は、高速回転による遠心力で衣類を押し広げ、高圧ダブルシャワーで洗剤液を衣類にムラなく一気に浸透させ、汚れを効率よくはじき出す洗い方です。

さらに,洗濯水の循環経路に配置したAG+抗菌ユニットから少しずつ抗菌成分が溶け出す「抗菌水」洗浄により衣類を抗菌注4し、部屋干し時のイヤなニオイを防ぎます。

ヒートポンプ除湿乾燥による上質乾燥


5. ピコイオンで衣類を除菌・消臭(TW−Z9200L/Rのみ)

「ピコイオン」とは、微細な水につつまれたOHラジカルを指します。消臭・除菌のための専用コースにおいて「ピコイオン」を衣類に吹きかけ、衣類の表面の菌の働きを抑制し、衣類を除菌注5・消臭注6します。スーツ、ぬいぐるみ、革靴など水洗いできないものも除菌、消臭ができます。さらに、「ピコイオンカビプロテクトモード」を設定すれば、洗濯終了後自動的にピコイオンをドラム内に吹きかけることで、カビの繁殖を抑える効果もあります注7

ピコイオンの構造 ピコイオン専用コース


6. 予約終了時刻も簡単に選べる「フラットダイヤル」

東芝独自の時計機能付き操作パネルに採用した「フラットダイヤル」により、タイマー予約は、終了時刻を選びスタートを押すだけの簡単操作で済みます。また、運転終了時に予約ボタンを押すと、運転で使用した電気代・水道代の目安が表示されます。また、TW−Z9200L/Rは、コース名、残り時間などが一目でわかる文字の大きな大型液晶パネルを採用しています。

操作パネルTW−Z9200L


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。


注釈一覧
注1 2011年9月29日現在、洗濯9kg、乾燥6kgの洗濯乾燥機において、9kg洗濯時、標準コースでの洗濯時間が約30分
注2 2011年9月29日現在、洗濯9kg、乾燥6kgの洗濯乾燥機において、6kg洗濯乾燥時、標準コースでの消費電力量665WH
注3 TW−Z9200L/R「エコモード」設定時と非設定時との比較
注4 抗菌について●試験依頼先/(財)日本紡績検査協会●試験方法/JIS L1902に基づく菌液吸収法●抗菌方法/銀イオンによる●対象部分/ドラム内の衣類●試験結果/菌の減少率99%以上
注5 除菌について●試験依頼先/(財)日本食品分析センター●試験方法/菌付着布での滅菌率測定法●除菌方法/ピコイオンによる●対象部分/ドラム内の衣類●試験結果/菌の減少率99%以上
注6 消臭について●試験依頼先/(財)東海技術センター●試験方法/衣類付着タバコ臭の3点比較式臭袋法●消臭方法/ピコイオンによる●対象部分/ドラム内の衣類●試験結果/臭気濃度 初期:500 30分付与:32(ドラム回転時)初期:320 30分付与:50(ドラム静止時)
注7 カビプロテクトについて●試験依頼先/環境生物学研究所●試験方法/洗濯終了後「カビプロテクト」を60分運転。試験開始3日後カビセンサーにてカビ菌糸の発芽の有無を確認●除菌方法/ピコイオンによる●対象部分/洗濯槽●試験結果/菌糸の発芽抑制

新製品の仕様

形  名 TW‐Z9200L(左開き)
TW‐Z9200R(右開き)
TW‐Z8200L(左開き)
TW‐Z8200R(右開き)
容量(洗濯・脱水、乾燥) 洗濯・脱水9kg、乾燥6kg
外形寸法注 幅655mm×奥行714mm×高さ1040mm
運転時間 約30分(定格洗濯時)
約165分(定格洗濯乾燥時)
運 転 音 洗い時31DB 脱水時38DB 乾燥時42DB
本体質量 約80kg 約79KG
そ の 他 ピコイオン除菌、上質乾燥
フラットダイヤル、
時計付大型液晶パネル
フラットダイヤル、
時計付LEDパネル

 注 給水ホース、排水ホース含む

(社)日本電機工業会・自主基準「乾燥性能評価方法(平成21年11月19日改定)」に基づき、表示を行っています。なお、仕様については改良のため、変更する場合がありますのでご了承願います。




 プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針