東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2011年12月8日
東芝ホームアプライアンス株式会社

幅60cmのスリムタイプが登場、
冷凍冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」シリーズの発売について

当社は、野菜室を真ん中に配置した「VEGETA(ベジータ)」シリーズの新製品として、幅60cmのスリムタイプのGR−E43G(片開き5ドア、427L)、GR−E43F(両開き6ドア、426L)の2機種を2012年1月上旬から順次発売します。

VEGETA GR−E43G GR−E43F


新製品は、国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫401〜450Lクラスで最大容量注1となる定格内容積100Lの野菜室を採用しています。この「ピコイオンうるおい野菜室」は、冷蔵(冷蔵室・野菜室)と冷凍(冷凍室・製氷室)の2つの温度帯をそれぞれ専用の冷却器で最適に冷却する「i−ツイン冷却」により、内部の湿度を約95%に保ちます。さらに、脱臭注2、エチレンガスの分解注3、栄養素アップ注4注5注6などの効果が確認されている「ピコイオン」で野菜の鮮度を守ります。「ピコイオン」を発生させるユニットは、水を給水する手間のいらない自動給水方式です。

加えて、「i−ツイン冷却」と11個のセンサーが状態に応じて運転を制御する「エコモード制御」により冷却の無駄を省き、さらに「節電モード注7」により約10%注8の削減が可能です。

片開き5ドアのGR−E43Gは、左開きのタイプ(GR−E43GL)もあわせて発売します。

シングル冷却とi−ツイン冷却の比較

スリムタイプ VEGETA


新製品の概要

形 名 形 態 定格内容積 価 格 発売日 月次販売目標
GR−E43G 片開き5ドア 427L オープン 2012年
1月上旬
5千台
GR−E43F 両開き6ドア 426L 2012年
2月中旬
3千台

ecoスタイル


商品化の背景と狙い

2011年上期の冷凍冷蔵庫市場は、震災以降の節電ニーズの高まり等により、猛暑とエコポイントの影響で好調だった2010年度上期に比べ2%増の251万台となりました(日本電気工業会出荷統計4−9月) 。ここ数年の451L以上の大容量機種の伸長傾向は顕著ですが、冷蔵庫全体の構成比では401〜450Lクラスが依然最大の割合を占めています(当社調べ)。

家庭内でエアコンに次いで消費電力が多い冷蔵庫への省エネ・節電ニーズの高まりと共に、内食化傾向の増加により、日持ちしにくい野菜類への鮮度保持のニーズも高まっています。

当社はこうしたお客様のニーズに応えるべく、独自の冷却技術を元に「省エネ」「節電」「野菜の鮮度保持」といった冷蔵庫に求められる性能向上を目指した冷凍冷蔵庫を、市場で最大を占める容量クラスにおいて商品化し発売します。


新製品の主な特長

1. 大容量で使いやすい「ピコイオンうるおい野菜室」

新製品の野菜室は、国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫401〜450Lクラスで最大容量注1となる定格内容積100Lの「ピコイオンうるおい野菜室」です。冷蔵(冷蔵室・野菜室)と冷凍(冷凍室・製氷室)の2つの温度帯を2つの冷却器で最適に冷却する当社独自の「I−ツイン冷却」の特長を活かし、湿度を約95%に保ちます。また、脱臭注2、エチレンガスの分解注3、栄養素アップ注4注5注6などの効果が確認されている「ピコイオン」で野菜の鮮度を守ります。さらに、セラミック低温触媒により除菌注9した冷気で野菜室を清潔に保ちます。


2. 「ピコイオンユニット」の自動給水方式

前機種注10では月1回水を補給しなければならなかった「ピコイオンユニット」への給水をタンク方式から、冷却器の霜を利用した自動給水方式に替え、給水の手間を無くしました。


3. おいしく便利な冷凍機能

1)野菜そのまま冷凍:

ベジータシリーズに共通する下ゆでなしの「野菜そのまま冷凍」を採用。手間なく野菜を長期保存できるだけでなく、調理時の時間短縮にもつながります。また、ゆでることによる栄養素の損失も防ぎます。あわせて、調理に便利なドライモードも採用しました。

2)熱もの冷凍:

上段冷凍室の「熱もの冷凍室」に、熱いままの食品を入れて手軽にフリージングできます。

3)おいしさ長持ち冷凍:

下段冷凍室の底面に「全面アルミプレート」を採用。「I‐ツイン冷却」と「可変プレクールシステム」を合わせた効果により室内の温度変化を抑え、食品への霜つき、冷凍やけを防ぎます。

4)氷の清潔さを守る「AG抗菌製氷皿注11」「洗える給水経路」「抗菌給水タンク注11」:

外して洗える給水経路に加え、製氷皿と給水タンク及び給水フィルターに菌の増殖を抑制するAG抗菌加工注11を施していますので、ミネラルウォーター注12でも製氷できます。


4. 「節電モード注7」でさらに節電注7

ベジータシリーズに共通の「節電モード注7」により、通常使用時の電力消費より約10%注8の節電注7になります。「節電モード注7」では、食品の保存に影響のない範囲で冷蔵室と冷凍室の温度を制御すると同時に、結露防止のヒーターへの通電を減らします。


5. 省エネ設計と環境への配慮

東芝グループは環境調和型の製品設計、製品環境影響評価、製品環境情報の開示により環境調和型製品(ECP注13)の開発を推進しています。冷凍冷蔵庫の開発に当たっては、省資源、リユース、リサイクルの推進、省エネルギー、有害物質の削減などに配慮しています。新製品は「I−ツイン冷却」の高効率運転とキャビネットの断熱構造の見直しにより省エネ性を向上し、環境に配慮したノンフロン冷凍冷蔵庫です。電子・電気部品他に鉛フリーはんだを使用、鋼板にも六価クロムを含まない電気めっき鋼板を採用する等、J−MOSS注14に適合した環境配慮設計になっています。


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。


注1 2011年12月8日現在、国内家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫401〜450Lのクラスにおいて、新製品GR-E43G(2012年1月上旬発売予定)、GR-E43F(2012年2月中旬発売予定)の場合
注2 ピコイオンユニットの働きにより、ニオイ分子を分解。全てのニオイがとれるわけではありません。
注3 ピコイオンユニットにおける1時間あたりのエチレンガス分解の当社試験結果による。【試験条件】試験空間125L、風量約2m3/h、初期濃度20ppm、分解速度138μl/h。
注4 ピコイオンによるビタミンC27%アップ。ほうれん草を4時間保存した場合のビタミンC量測定。【測定方法】高速液体クロマトグラフ法、【測定結果】ピコイオン未付与:26μg/100g、ピコイオン付与:33μg/100g、当社試験結果を(財)日本食品分析センターにて分析。
注5 ピコイオンによるビタミンA22%アップ。にんじんを3日間保存した場合のビタミンA量測定。【測定方法】高速液体クロマトグラフ法、【測定結果】ピコイオン未付与:629μg/100g、ピコイオン付与:766μg/100g、当社試験結果を(財)日本食品分析センターにて分析。
注6 ピコイオンによるポリフェノール14%アップ。なすを3日間保存した場合のポリフェノール量測定。【測定方法】FOLIN-CIOCALTEU法、【測定結果】ピコイオン未付与:0.07μg/100g、ピコイオン付与:0.08μg/100g、当社試験結果を(財)日本食品分析センターにて分析。
注7 抑え目の運転をするために、食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度を約1〜1.5℃高めに設定します。冷蔵室[中]・冷凍室[中]設定での1日あたりの消費電力量から算出。JIS C 9801-2006年測定基準とは異なります。使用環境により節電効果は代わることがあります。
注8 当社環境試験室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR-E55FXにおいて、冷凍室[中]・冷蔵室[中]設定。扉開閉なし。周囲温度30℃時、1.11kWh→1,00kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。「節電モード」効果の測定条件はJIS C 9801-2006年測定基準とは異なります。
注9 【試験依頼先】(社)東京都食品衛生協会、【試験方法】平板培養法【除菌方法】低温触媒による菌の除去【対象場所】フィルター【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
注10 GR-D43G(2011年発売)
注11 【試験依頼先】(財)日本食品分析センター、【試験方法】フィルム密着法(JIS Z 2801による)、【抗菌方法】抗菌剤、【対象場所】製氷皿及びタンク、【試験結果】99%以上の抗菌効果を確認。
注12 硬水(硬度が100を超える水)を使用すると、白い析出物が付着する場合がありますが、これは水中のミネラル分で人体には影響ありません。
注13 ECP(Environmental Conscious Product)、1999年に策定した「製品別環境自主基準」に合致した製品をECPと認定しています。
注14 「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」(the marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment)の通称。

新製品の主な仕様

形 態 5ドア片開きタイプ 6ドア両開きタイプ
形 名 GR−E43G注1 GR−E43F
定格内容積 427L 426L
  冷蔵室
(内チルド)
217L
(19L)
216L
(19L)
野菜室注2 100L<56L> 100L<56L>
冷凍室注2 110L<61L> 110L<61L>
外形寸法 幅600×奥行き682
×高さ1801mm
幅600×奥行き682
×高さ1806mm
(ドア角までの奥行寸法) (648mm) (648mm)
冷却方式 i−ツイン冷却
ピコイオンユニット 自動給水式
野菜室機能 ピコイオンうるおい野菜室、まんなか野菜レイアウト
冷凍室機能 野菜そのまま冷凍、野菜そのまま冷凍(ドライモード)、
かってに氷、一気製氷、一気冷凍、ハイパワー冷凍、
熱もの冷凍、可変プレクールシステム
その他の機能 エコモード制御、節電モード、フレッシュナビ
本体色 NU(ブライトシャンパン)、SS(ブライトシルバー)
年間消費電力量(50Hz/60Hz) 250KWH/年 未定
定格消費電力
(50/60Hz)
電動機 110/110W 未定
電熱装置 101/101W 未定
2010年省エネ基準達成率 204% 未定

注1 GR−E43GL(左開き)は1月中旬発売予定
注2 < >食品収納スペースの目安(L)



 プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針