東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > プレスリリース

プレスリリース

2012年8月29日
東芝ホームアプライアンス株式会社

消費電力45Wで冷暖房(涼風/保温運転)できる
ルームエアコン「大清快VOICE」の発売について
−ホームITシステム「フェミニティ」との接続で、スマートフォンでの操作が可能に−

当社は、2013年向けルームエアコンの新製品として、RAS−402EDRをはじめとする大清快VOICE EDRシリーズ 9機種を10月下旬から順次発売します。

RAS−402EDR


新製品RAS−402EDRは、当社独自のデュアルコンプレッサーにより、「涼風」と「保温」運転時に業界トップクラス注1の0. 2KWの最小能力で冷暖房運転が可能で、消費電力は最小55W注2(一部機種では最小45W注2)、電気代は1時間当たり約1円注3になります。また、人の位置と動き・天気・明るさをセンサーで検知する新搭載の「ECOモード」により、自動で運転時の電気のムダを省きます注4

さらに、吹出し口を室内機の横幅一杯に広げた「全幅ワイドルーバー」により、室内機を中心に広角180°、到達距離20M注5の気流を実現しました。リビングルームなどの広い空間でも、気流がすみずみまで届きやすくなっています。加えて、外気温2℃での暖房能力を業界トップクラス注1の8. 3KWにまで向上しており、10年前注6の当社同等機種に比べて、暖房能力が約20%向上しています。温風吹出し時間が約1分注7の「ダッシュ暖房」も可能です。

ボイスコントローラによる音声操作では、新たに電気代も音声でお知らせできるようになりました。室内機の「リアルタイムモニター」に表示する消費電力と共に、電力の見える化を促進しています。

また、東芝のホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンでの運転状態の確認、運転/停止、温度・湿度などの操作を可能にしました注8。「フェミニティ」と同様、HEMS構築のための公知の標準インターフェースであるECHONET LITE注9に対応予定です。

注2 機種によって消費電力が異なります。RAS−221,251,281,361,401EDRの場合 45W、RAS−402,562EDRの場合 55W、RAS−632,712EDRの場合 60W。「涼風運転」外気温27℃、設定温度「26℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力。「保温運転」外気温15℃、設定温度「20℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力(ご使用条件により消費電力や室温が変化する場合があります)。

全幅ワイドルーバー リアルタイムモニター


新製品の概要

形 名 本体色 価格 発売日 月産目標台数
RAS−221EDR (W)シェルホワイト オープン 10月
下旬
2万台
RAS−251EDR
RAS−281EDR (W)シェルホワイト
(X)シェルシャンパン
RAS−361EDR (W)シェルホワイト
RAS−401EDR
RAS−402EDR (W)シェルホワイト
(X)シェルシャンパン
RAS−562EDR
RAS−632EDR 12月
下旬
RAS−712EDR (W)シェルホワイト

ecoスタイル


商品化の背景と狙い

2012年度の国内エアコン需要は、約790万台を見込んでいます(東芝調べ)。家庭内における電気機器の節電への関心は非常に高いものがあります。夏季の昼の時間帯の電気機器の電力使用構成比では、エアコンが58%と最大(資源エネルギー庁調べ)になり、とりわけエアコンに対する節電要請は大きいと言えます。当社は、こうした状況とニーズを踏まえ、節電と快適さの両立を可能にするルームエアコンを商品化し、発売します。さらに新製品は、東芝ホームITシステム「フェミニティ」との接続により、節電をさらに容易にし、HEMS構築への対応を可能にする設計です。


新製品の主な特長(RAS−402EDR)

1. 小電力運転の冷房「涼風」と暖房「保温」

新製品は、当社独自のデュアルコンプレッサーにより、「涼風」と「保温」運転時に業界トップクラス注1の0. 2KWの最小能力で冷暖房運転が可能で、消費電力は最小55W注2(一部機種では最小45W注2)、電気代は1時間当たり約1円注3になります。コンプレッサーのON/OFF時に生じる冷房と送風の温度変化を抑え室温を32度以下に保つ「涼風」は、冷えすぎが気になるおやすみ時や、冷房の苦手な女性、お年寄り、乳幼児におすすめです。室温を17℃以上に保つ「保温」は、少しの間部屋を出る時や、春先の肌寒い日におすすめです。冷暖房の運転中に、ボイスコントローラによる音声操作またはリモコンにより簡単に設定できます。

デュアルコンプレッサーと従来型コンプレッサーとの違い

当社独自のデュアルコンプレッサーは、ツインロータリーコンプレッサーの圧縮部である2つのシリンダーを片方のみの運転に自動切替することで、回転数を落とさず高効率を維持したまま能力を小さくすることが可能です。能力を小さくしようと回転数を落としたり、停止してしまうため従来型のコンプレッサーは効率が落ちていました。デュアルコンプレッサーは、非常に少ない消費電力で、温度変化のない運転が可能です。

デュアルコンプレッサーのしくみ 従来型コンプレッサーとの運転の違い


2. 生活シーンに合わせて電気のムダを省く「ECOモード」

人の位置、活動量を見る「人サーチセンサー」、気圧の推移から天気を予測する「お天気サーチセンサー」、室内の明るさを判別する「明るさサーチセンサー」を搭載しています。「ECOモード」により、センサー検知で、気流の向きと冷暖房能力を自動制御し電気のムダを省き注4ます。

ECOモードと3つのセンサーの働き


「ECOモード」なら、エアコンを消し忘れた場合でも、30分以上の不在を検知すると自動で最小能力運転に切替え、任意の設定時間以上の不在を検知すると「オートオフ」機能が働き運転を停止します(リモコン「メニュー」キーで不在節電「1H/2H/3H」を選択時)。照明を消すなどお部屋が暗くなる場合には明るさサーチセンサーが室内の照度を検知し、自動で能力を弱めて節電運転注10します。


3. 広いリビングもすばやく快適にする機能

1).広角ワイドルーバー

エアコンをどこに設置しても、すばやく部屋全体に風が行き渡るよう、室内機の吹出し口を幅一杯のフルサイズ設計し、室内機を中心に広角180°、到達距離20M注5の気流を実現しました。

広角ワイドルーバーの気流

2).パワフル暖房

大容量の新デュアルコンプレッサー採用により、外気温2℃での暖房能力は業界トップクラス注1の8. 3KWに向上しました。10年前注6の当社同等クラスと比べ、暖房能力は約20%向上しました。

3).ダッシュ暖房

リモコンで「ダッシュ」モードの設定時刻を予約しておけば、あらかじめ停止している間にデュアルコンプレッサーによるヒートポンプ予熱で、「暖房」運転開始後、業界最短注1、約1分注7の40度の温風吹き出しを行います。「ダッシュ」モードは、1日2回お好みの時刻で設定が可能です。


4. 就寝時、手が離せない時などに便利な「ボイスコントローラ」

音声でエアコン操作のできる「ボイスコントローラ」を付属しています。「ボイスコントローラ」が音声を認識し、赤外線通信で室内機に指示します。「ボイスコントローラ」の音声認識素子にはあらかじめ『暖房』『切タイマー』『停止』『運転』『暑い』『寒い』など28アイテムの音声認識ワードが登録(記憶)してあり、エアコンはこれらの言葉に対応した運転を行ないます。音声認識の内容は、メロディと合成音声でお知らせします。

また、1語で2つの操作ができるワードを新たに登録しました。『おはよう』『ただいま』『おやすみ』と話しかけるとエアコンと東芝の「ワイヤレスリモコン機能付きLED照明器具」を同時に操作できます注11。例えば『おやすみ』と話しかけると、「ボイスコントローラ」が「おやすみなさい。1時間切タイマーを設定します。」と音声でお知らせし、エアコンは1時間切タイマーを設定し、東芝のLED照明は消灯します注12

ボイスコントローラ

さらに、新メニューとして、『お天気』のお知らせ機能も搭載しました注13。エアコン室内機が予測した約9時間後のお天気予測情報を、「ボイスコントローラ」が赤外線で受信し伝えます(例「お天気は晴れになるでしょう」)。


5. 手間のいらない自動お掃除機能

運転停止後、エアフィルターの自動清掃、内部乾燥のクリーニング運転を自動で行います。エアフィルターの清掃は、目詰まりを防ぐため運転停止後に毎回行い、捕集した汚れ(ホコリなど)は、ダストボックスに回収します。ダストボックスの清掃は、目安として約1年に1回注14です。さらに、熱交換器のフィンには、汚れが水で流れ落ちやすくなる特殊な表面処理を施したアクアde洗浄フィンを採用しています。冷房・除湿時に発生するドレン水を利用して、表面に付着した汚れをドレンと共に屋外へ排出します。

自動お掃除


6. プラズマ空清とピコイオンで空気をキレイに

「ピコ空清」の運転で、室内機の吹出し口からピコイオンが発生します。エアコン室内機内部のプラズマイオンチャージャーの働きで、ホコリや菌などを熱交換器で捕え、冷房・除湿時に出る水と共に屋外へ排水します。そのため、フィルター交換も不要です。プラズマ空清の力でウイルス、カビ菌をエアコン内部に集め99%抑制注15注16する効果と、ピコイオンによる脱臭注17効果もあります。


7. 「おすすめ除湿」

「おすすめ除湿」は、再熱除湿方式ながら電気代を控えめにして湿気を効率良く取ることができます。除湿機約3台分の除湿量を確保しつつ、除湿機1台分の消費電力注18で運転できるため、梅雨、秋雨の時期に長時間使用しても安心です。「除湿50%」、「除湿40%」、「衣類乾燥」も選べます。


8. 電力と電気代の見える化

「リアルタイムモニター」注19は、「消費電力」のほか、「今日の電気代」「室内温度」も切り替えて表示できます。運転モードは、冷房はブルー、暖房はオレンジ、除湿はグリーンの色別にお知らせします。

また、ボイスコントローラで、電気代の確認もできます。


9. 「フェミニティ」接続で、スマートフォンからの遠隔操作も可能

東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンでの運転状態の確認、運転/停止、温度・湿度などの遠隔操作が可能です注8。帰宅前の冷暖房運転開始、消し忘れ確認によるエアコン停止などに便利です。「フェミニティ」と同じく、HEMS構築のための公知の標準インターフェースであるECHONET LITE注9に対応予定です。

スマートフォンからの操作 画面イメージ


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。



注1 2012年8月29日現在、2012年10月下旬発売予定、家庭用ルームエアコンにおいて
注2 機種によって消費電力が異なります。RAS−221,251,281,361,401EDRの場合 45W、RAS−402,562EDRの場合 55W、RAS−632,712EDRの場合 60W。「涼風運転」外気温27℃、設定温度「26℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力。「保温運転」外気温15℃、設定温度「20℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力(ご使用条件により消費電力や室温が変化する場合があります)。
注3 電気代は電力料金目安単価22円/kWh(税込)(全国10電力会社平均)で試算しています。この単価は標準的な家庭の月間使用量(295kWh/月)の場合であり、ご家庭の月間総消費電力量により単価は異なります。
注4 RAS−402EDRにおいて当社独自の条件により評価しております。冷房:当社環境試験室14畳間において、通常冷房運転とECOモード運転(風あて時)との比較。居住者がエアコンから右方向に1名位置し、外気温35℃、設定温度27℃、風量自動のときの、安定時1時間の消費電力量比較。通常冷房運転時136Wh、ECOモード運転(風あて時)108Wh。暖房:当社環境試験室14畳間において、通常暖房運転とECOモード運転(風あて時)との比較。居住者がエアコンから右方向に1名位置し、外気温7℃、設定温度25℃、風量自動のときの、安定時1時間の消費電力量比較。通常暖房運転時427Wh、ECOモード運転(風あて時)383Wh。(エアコンの設置環境、ご使用条件により効果は異なります)。
注5 RAS−402EDRにおいてオープンスペースで測定。風量「パワフル」設定時、エアコン本体から最大20Mの地点に風が到達(風速0. 2M/S以上)することを確認。左右風向ルーバーは正面スポット位置で、上下風向ルーバーは風量最大位置で確認。当社調べ。
注6 10年前の当社従来機種RAS−406JDRの2℃暖房能力7. 0KWとの比較。
注7 2012年8月29日現在、RAS−402EDRにおいて「ダッシュ」あり設定時。外気温2℃室温10℃。
温風吹出し時間55秒。予熱運転時296Wの電力を消費します。温度条件によっては温風が出るまで1分以上かかる場合があります。
注8 別売のITアクセスポイント、エアコン用アダプタが必要。フェミニティ倶楽部に登録し、月額サービス料金が発生します。
注9 2011年7月に策定されたHEMS構築のための通信規格。家電機器、スマートメーター、太陽光発電システム等を含む約80種類以上の機器の制御を規定し、2011年2月、 スマートコミュニティアライアンスの「スマートハウス標準化検討会」により、「公知な標準インターフェース」として推奨された。
注10 RAS−402EDRにおいて当社独自の条件により評価しております。冷房:当社環境試験室14畳間において、ECOモード運転の部屋の照度が明るい時と暗い時との比較。外気温35℃、設定温度27℃、風量自動のときの、安定時消費電力の比較。明るい時136W、暗い時105W。暖房:当社環境試験室14畳間において、ECOモード運転の部屋の照度が明るい時と暗い時との比較。外気温7℃、設定温度25℃、風量自動のときの、安定時消費電力の比較。明るい時427W、暗い時350W。
注11 ボイスコントローラは、エアコンとLED照明の赤外線信号が受信する場所にを置いてください。
注12 『おはよう』『ただいま』:照明が消灯している場合は点灯し、点灯している場合はそのままです。『おやすみ』:照明が点灯している場合は消灯、消灯している場合はそのままです。
注13 天気予報はあくまで目安です。
注14 当社調べ 環境によりお掃除の頻度は異なります。
注15 ウイルスの抑制効果については、第三者機関による試験方法・試験結果に基づいています。実験用の発生装置を使ったもので製品に同様の効果があることを保証するものではありません。また設置した部屋の環境や使用状況によって異なります。【試験機関】(財)北里環境科学センター【試験方法】25M3試験チャンバー(密閉空間)内にウイルス(1種類)を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的にチャンバー(密閉空間)内の浮遊ウイルスを捕集し、ウイルス数を測定。試験結果】空清運転前に比べ96分で99%以上抑制【報告書No. 】北生発22_0156_1号
注16 カビの抑制効果については、第三者機関による試験方法・試験結果に基づいています。実験用の発生装置を使ったもので製品に同様の効果があることを保証するものではありません。また設置した部屋の環境や使用状況によって異なります。【試験機関】( 財)北里環境科学センター【試験方法】 25M3試験チャンバー(密閉空間)内にカビ胞子(1種類)を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的にチャンバー(密閉空間)内の浮遊カビを捕集し、カビ数を測定。【試験結果】 空清運転前に比べ97分で99% 以上減少。【報告書No. 】 北生発22_0156_2号
注17 脱臭効果については、第三者機関による試験方法・試験結果に基づいています。実験用の発生装置を使ったもので製品に同様の効果があることを保証するものではありません。また設置した部屋の環境や使用状況によって異なります。【試験機関】 京都薬科大学 【試験方法】 24M3の密閉空間の中央に木綿製タオルをぶら下げエアコンを空清運転、あらかじめタオルに吸着させたタバコ臭の脱臭効果を、6 段階臭気強度表示法にて判定。 【試験結果】 120 分後、臭気強度が5から1.5 まで減少。【報告書No. 】 第120529 号
注18 当社除湿乾燥機RAD−P63との比較。RAD−P63:除湿量6,300ML(60HZ)/日、消費電力190W(60HZ)。RAS−402EDR:除湿量780ML/H(18,720ML/日)。室温27℃ 湿度60%の恒温室で連続運転。「温度27℃」「おすすめ除湿」「風量自動」設定での除湿運転時。消費電力186W吹き出し温度27℃。使用条件によって除湿量・消費電力は異なります。
注19 リアルタイムモニターは電力測定器ではありません。目安としてご覧ください。

新製品の主な仕様

おもな畳数 形 名・色 電 源 冷房能力 暖房能力
6畳 RAS−221EDR(W) 単相100V 2. 2KW 2. 5KW
8畳 RAS−251EDR(W) 2. 5KW 2. 8KW
10畳 RAS−281EDR(W)(X) 2. 8KW 3. 6KW
12畳 RAS−361EDR(W) 3. 6KW 4. 2KW
14畳 RAS−401EDR(W) 4. 0KW 5. 0KW
14畳 RAS−402EDR(W)(X) 単相200V 4. 0KW 5. 0KW
18畳 RAS−562EDR(W)(X) 5. 6KW 6. 7KW
20畳 RAS−632EDR(W)(X) 6. 3KW 7. 1KW
23畳 RAS−712EDR(W) 7. 1KW 8. 5KW



プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針