東芝ホームアプライアンス株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2013年12月25日
東芝ホームアプライアンス株式会社

「食が育む美と健康」のための新シリーズ「BIOTY(ビオティ)」
の発売について

当社は、「身体の中から健康に、そして美しく」をコンセプトとした「BIOTY(ビオティ)」を発売します。

「BIOTY(ビオティ)」は、ギリシャ語で生命の意味をもつ「BIOS(ビオス)」と英語で美しさの意味をもつ「BEAUTY(ビューティ)」を組み合わせた造語です。今後、「食が育む美と健康」のためのシリーズとして「BIOTY(ビオティ)」商品を充実させます。

BIOTY


シリーズ最初の製品として、栄養素を壊さず多く残したジュースができる低速圧搾方式採用の
「BIOTY クッキングスクイーザー JM−S10」を1月中旬より発売します。

JM−S10

新製品は、スクリューでゆっくり食材を押しつぶしながら搾るため、カッター方式のジューサーに比べ、回転時の熱の発生を避けて栄養素をより多く含むジュースができます。例えば、りんごジュースにはポリフェノールの一種のクロロゲン酸が約30%注1、マンゴージュースにはビタミンCが約16%注2多く含まれます。また、ジュースと同時に搾られるせんい質は、さまざまなヘルシーレシピに使用いただけます。

ジュースとせんい質を同時に搾る ジュースとせんい質メニューの例


新製品の概要

形 名 価 格 発売日 月産目標台数
JM−S10 (W)ホワイト オープン 1月中旬 3千台

ecoスタイル


商品化の背景と狙い

近年、健康と美容を考える上で「食事」が注目されています。毎日の「食」を通じて、誰もが本来もっている美しさを目覚めさせ、身体の内側から美を育む「BIOTY(ビオティ)」をシリーズとして商品化し、発売します。


新製品の主な特長

1. 栄養素をより多く残して搾る低速スクリュー

約5分経過後の分離状態比較

新製品は、栄養素を保つためにゆっくり搾る低速圧搾方式と刃の無いスクリューにより、カッター方式ジューサーに比べて、回転時の熱の発生を避けて栄養素をより多く含むジュースができます。りんごジュースにはポリフェノールの一種のクロロゲン酸が約30%注1、マンゴージュースにはビタミンCが約16%注2、小松菜ジュースはビタミンAが約13%注3多く含まれます。

また、低速圧搾方式により、空気の巻き込みが少なく、酸化と分離を抑えられ、ジュースの舌触りが滑らかになります。


りんごジュースのクロロゲン酸量 マンゴージュースのビタミンC量 小松菜ジュースのビタミンA量


2. 薄い葉物野菜をしっかり搾る「葉物モード」

葉物は、生のままの摂取が面倒なためジュースの材料として人気がありますが、薄くて搾りにくいため、ジュースにできる量が限られていました。新製品は、「通常モード」よりも約64%注4低速で搾る東芝独自の「葉物モード」により、「通常モード」に比べジュースの量を約7%注5多く搾ることができます。

葉物野菜の例 刃の無いスクリュー


3. 食材に適した柔らかい食材用のストレーナー(ソフト)とドラムキャップ(りんご用)

ストレーナーのほかに、従来では搾りにくかった柔らかな素材のマンゴー、キウイなどをしっかり搾ることができる網目の細かな専用のストレーナー(ソフト)と、りんごがしっかり搾れるドラムキャップ(りんご用)を用意しました。

分解図 2種のストレーナーとドラムキャップを付属


4. 栄養士監修、101のヘルシーメニュー

栄養士 笠井奈津子先生監修の「ジュース&カクテルレシピ」と「ジュースアレンジ&せんい質レシピ」のレシピブック2冊を付属しています。定番のにんじん、りんごジュースだけでなく、りんご小松菜などのフレッシュミックスジュース、カクテルレシピ、スープなどの温かいレシピ、ジュースを搾る際に、同時に出るせんい質を使ったレシピなどを揃えています。


掲載レシピ例


5. コンパクトで、簡単お手入れ

キッチンで使いやすいよう高さを抑えたコンパクト設計です。スクリューに刃が無く、ストレーナーの食材を濾すフィルター面積が小さいため、食材の詰まりが少なく水洗いがしやすくなります。


環境への取り組みについて

東芝グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ"Green of Process"」、「東芝の作る製品がエコ"Green of Product"」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ"Green by Technology"」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。



注1 当社機種2008年モデルJC−S3と新製品JM−S10とのりんごジュース100G中の栄養素クロロゲン酸の比較。JC−S3は、1. 7MG、JM−S10は、2. 2MG。クロロゲン酸残存量は素材によって異なります。【分析機関】(一財)日本食品分析センター【分析試験成績書発行日および番号】2013年10月18日 第13098803001−01号【分析方法】高速液体クロマトグラフ法
注2 当社機種2008年モデルJC−S3と新製品JM−S10とのマンゴージュース100G中の栄養素還元型ビタミンCの量を比較。JC−S3の還元型ビタミンC量は、42MG、JM−S10の還元型ビタミンC量は、49MG。還元型ビタミンC残存量は素材によって異なります。【分析機関】(一財)日本食品分析センター【分析試験成績書発行日および番号】2013年10月18日 第13098803003−01号【分析方法】高速液体クロマトグラフ法
注3 当社機種2008年モデルJC−S3と新製品JM−S10との小松菜ジュース100G中の栄養素ビタミンAの量を比較。JC−S3のビタミンAは、70μG、JM−S10のビタミンAは、79μG。ビタミンA残存量は素材によって異なります。【分析機関】(一財)日本食品分析センター【分析試験成績書発行日および番号】2013年10月18日 第13098803005−01号【分析方法】高速液体クロマトグラフ法
注4 新製品JM−S10の「通常モード」の回転速度75回転/分と「葉物モード」の回転速度48回転/分との比較。
注5 300Gの小松菜を新製品JM−S10の「通常モード」で搾ったジュース質量210Gと「葉物モード」で搾ったジュース質量226Gの比較。ジュース質量は素材によって異なります。

新製品の主な仕様

形  名 JM−S10
価  格 オープン
(W)ホワイト
定格消費電力 150W
定格回転数注6 通常モード:75回転/分
葉物モード:48回転/分
運転時間注7 連続30分
本体寸法 幅278×奥行き140×高さ342mm
本体質量 約4. 4kg
付 属 品 ジュースカップ、せんい質受けカップ、ジュースキャップ、
ブラシ、レシピブック(2冊)
コード長 約1. 5M

注6 通常モードはにんじんを搾った時、葉物モードは小松菜を搾った時の値です。
注7 にんじんなどの硬い食材は連続20分以下です。


掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針