TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
ニュース&トピックス

2017年10月17日
東芝ライフスタイル株式会社

設置しやすい幅60cmのスリムな5ドア冷凍冷蔵庫「VEGETAシリーズ」2機種を発売

東芝ライフスタイル株式会社は、使用頻度の多い野菜室をまんなかにレイアウトし使いやすさが好評の「VEGETA(べジータ)」シリーズの新製品として、幅60cmのスリムタイプの5ドア冷凍冷蔵庫GR-M41GXV/GR-M41Gの2機種を2017年11月中旬から発売します。



形  名 種 類 カラー 定格内容積 価 格 発売時期 月産台数
GR-M41GXV 5ドア (EW)グランホワイト/(EC)サテンゴールド 411L オープン 11月中旬 3千台
GR-M41G (S)シルバー 4千台


【GR-M41GXVの主な特長】

今回、よりシンプルな美しさが際立つ「グランホワイト」を新たに追加。フラットな強化処理ガラスで傷がつきにくく、汚れもサッと拭き取れる高級感と機能性を備えたガラスドアのデザインで、キッチン、リビング空間をスタイリッシュに演出します。

・「浮かび上がる操作ボタンと自動でドアオープン」:

ガラスドアに手をかざすと点灯して浮かび上がり、使わない時は消灯して見えなくなる操作ボタンや、浮かび上がるスイッチ部に軽く触れると自動でドアがオープンするスマートな設計です。両手がふさがっている時や調理中はひじで触れてドアを開けることができます。

・「フロントブライト照明」:

食品の影にならずに明るくて見やすい、高輝度LEDライトを庫内の天面とドア側に搭載。



【GR-M41GXV/GR-M41G共通の特長】

・「美味しく冷凍、便利に活用」:

生の野菜を下ゆで無しに美味しくそのまま冷凍できる“野菜そのまま冷凍”や、肉・魚や炊き立てのご飯など熱いものの美味しさを封じ込めて冷凍する“一気冷凍注1”など、調理と時短に貢献する便利な冷凍機能を搭載しています。

・「除菌・脱臭」:

光触媒ルネキャット®注2が庫内の冷気を除菌注3・脱臭注4し、気になる菌の増殖や食品同士のニオイ移りを防いで風味や美味しさを守ります。また、野菜のエチレンガスを分解注5して除去し野菜の保存環境を向上させます。

・「省エネ」:

センサーにより24時間自動で効率運転するecoモードを装備。節電機能注6やおでかけ機能注7といったオプション設定でさらに節電することができます。



※画像は全てイメージで、新製品とは異なる機種となります。



主な仕様

形  名 GR-M41GXV GR-M41G
種  類 冷凍冷蔵庫 5ドア(片開き)
愛  称 VEGETA(べジータ)
定格内容積 411L
  冷 蔵 室 214L
<169L内、チルドルーム17L>
野 菜 室 92L<56L>
製 氷 室 14L<4L>
冷 凍 室 91L<55L>
外形寸法 600mm
奥 行 き 692mm(ハンドル、調節脚を除く)
高さ 1,833mm 1,816mm
年間消費電力量
(2021年省エネ達成率)
320kWh/年
76%
ecoモード ○(節電、おでかけ)
扉の材質 強化処理ガラス 鋼板
タッチオープン ○(静電式)
除菌・脱臭 ルネキャット注2
冷凍室機能 一気冷凍、野菜そのまま冷凍、
一気製氷、霜ガード冷凍(可変プレクール)
本 体 色 (EW)グランホワイト
(EC)サテンゴールド
(S)シルバー
そ の 他 フロントブライト照明(LED) ブライト照明(LED)
全段ガラス棚、卵スタンド


※定格内容積の< >内は、食品収納スペースの目安です。定格内容積は、日本工業規格(JIS C 9801-3:2015)に基づきます。

※年間消費電力量は、家庭用品品質表示法により表示が義務付けられており、15年測定方法(JIS C 9801-3:2015)により測定したものです。



掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


注1 入れる食品の温度や量によっては、冷凍までに時間がかかる場合があります。一気冷凍設定時には、通常冷凍運転と比べ、約5~10%消費電力量が増加します。なお、消費電力量は使用条件によって変化します。
注2 ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する) ㈱東芝の登録商標です。
注3 【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター、【試験方法】410L試験ボックスに菌を噴霧。ルネキャット®ユニット運転後の変化を測定、【対象場所】冷蔵室、チルドルーム、野菜室、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認、実験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
注4 【試験方法】ルネキャット®あり/なしの冷蔵庫内にアンモニアを注入し、一定時間毎に検知管で濃度を測定。周囲温度20℃、扉開閉なしの場合。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。また全てのニオイがとれるわけではありません。当社調べ。
注5 ルネキャット®における1時間あたりのエチレンガス分解性能。【試験方法】125L試験ボックス内にエチレンガスを投入し、ルネキャット®ユニットを作動させて、ガスクロマトグラフ法にて一定時間毎にエチレン濃度を測定、【測定結果】270μL/h。当社試験結果による。
注6 抑えめの運転をするために、食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度を約1℃~2℃高めに設定します。JIS C 9801-3:2015 測定基準とは異なります。使用環境により節電効果は変わることがあります。
注7 抑えめの運転をするために、通常の製氷時間より速度を落として製氷します。おでかけ機能設定から2時間経過後、冷蔵室・製氷室・冷凍室下段の扉を開けるとおでかけ機能は自動で解除されます。JIS C 9801-3:2015 測定基準とは異なります。使用環境・機種により節電効果は変わることがあります。

PDFプレスリリースをダウンロード(PDF形式、616KB)