TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
ニュース&トピックス

2019年10月17日
東芝ライフスタイル株式会社

「SLANT(スラント)デザイン」を採用し、より握り易く、本体も約15%スリム化注1
運転時間を延長注2した、パワフルな吸引力が持続するコードレス スティッククリーナー2機種発売

東芝ライフスタイル株式会社は、パワフルな吸引力が99%以上持続する注3コードレス スティッククリーナーの新製品として、従来機種注4より本体体積を約15%削減しスリム化・軽量化を実現し操作性を高めたことに加え、連続運転時間を30分に向上した「TORNEO V cordless(トルネオVコードレス)」VC-CL1600、VC-CL600の2機種を12月に発売します。



【新製品概要】

形名 価格 発売日 月次販売目標
VC-CL1600 (R)グランレッド、(N)ピンクブロンズ オープン 12月 1万台
VC-CL600 (W) ホワイト

共働き世帯の増加を背景に、家事の時短・省手間が求められている中、「気づいたときに、すぐに掃除できる」コードレス スティッククリーナーは近年ではさらに軽く、小さく、取り回しがラクな仕様が好まれています。

そこで当社は、サイクロン部構造の見直しによる軽量化や、従来機種では延長管の上側に配していたモーターとダストカップ部を、延長管に対し斜め下側に配置した「SLANT(スラント)デザイン」の採用により、ハンドルの握りやすさを維持したまま、本体体積を約15%削減しスリム化を実現しました。また、運転制御の見直しにより、クリーナーヘッド使用時の「標準モード」連続運転時間注5を30分に向上させました。

フィルターレスによる99%以上持続する吸引力や、吸ったゴミを1/3に圧縮注6することでホコリの舞い上がりを低減する等のこれまで好評な機能はそのままに、片手で更にラクに使えるコードレスクリーナーを開発しました。

当社は今後も、生活者の方々が「タイセツ」に思う住まいを快適にするクリーナーの提案に努めてまいります。


【新たな特長】 

1.持ち上げの軽さや取り回しに配慮し、本体サイズを約15%削減 し、スリム化・軽量化を実現

2.モーターとダストカップ部を延長管に対し斜めに配置した「SLANTデザイン」採用による握りやすいハンドル設計

3.運転制御の見直しにより、連続運転時間30分に延長


【新製品の主な特長】

1.持ち上げの軽さや取り回しに配慮し、本体サイズを約15%削減 し、スリム化・軽量化を実現

コードレスクリーナーに求められている軽さ、コンパクト性に注目し、新製品ではサイクロンシステム上部の第2分離部の「コーン」を従来機種の8から6気筒に減らす等の見直しの結果、本体サイズを約15%縮小、スリム化しました。
標準質量注7も約5%軽量化注8の1.8kgとしました。


目詰まりによる吸引力低下の原因であるプリーツフィルターがないフィルターレス構造のサイクロンシステム「バーティカルトルネードシステム」は、吸引力を99%以上持続します。新製品では、「コーン」を6気筒に減らしても、風路を見直すことにより99%以上の吸引持続と99%以上の分離能力注9を実現しています。


従来機種同様に、ダストカップ部のゴミを約1/3に圧縮することで、ゴミ捨て時のホコリの飛び散りや舞い上がりを低減し、ごみ捨てがラクにできます。さらにダストカップ内は帯電防止加工なのでゴミの付着を抑制注10し、手入れも簡単です。


2.モーターとダストカップ部を延長管に対し斜めに配置した「SLANTデザイン」採用による握りやすいハンドル設計

通常は平行に配置する延長管を、本体と斜めに配置する「SLANTデザイン」にすることで、本体をコンパクトに収めた上で、ハンドルのグリップスペースを大きく取ることができ、自由な位置で握れる「らくわざフリーグリップ」を採用しました。

さらに、操作時のバランスを考慮した低重心設計により、片手でもラクに動かせるうえ、ハンドルとヘッドの向きが連動する「スイング連動」により、掃除が楽になります。



3.運転制御の見直しにより、連続運転時間30分に延長

新製品では、運転制御を細かく見直すことで、従来機種では25分だったクリーナーヘッド使用時の「標準モード」連続運転時間を30分に向上させました。クリーナーヘッド未使用時の「標準モード」の最長連続運転時間は35分です。

4.お掃除中断時に壁に立て掛けできる、「滑り止めゴム」新採用

本体背面の「滑り止めゴム」を利用して、掃除の中断時等に壁に簡単に立て掛けることが出来、掃除の効率が上がります。


*本体を壁などに立てかける時は、必ず「切」にしてください。充電時や長時間の壁の立て掛けは、しないで下さい。立て掛ける時は部屋の隅や家具の間など、倒れにくい場所を選んで下さい。


5.その他の便利な機能

●ラクトルパワーヘッド:一度に広範囲のゴミを吸い取ることができるワイド幅のヘッドには自走式「ラクトルパワーヘッド」を採用することで、操作が重くなりがちな絨毯上でも軽い力で掃除できます。
また、「ちり落としプレート」、ブラシ毛の「フッ素加工」、静電気を抑制するための「Agブラシ」によって、回転ブラシへのゴミ付着を低減し手入れがラクになる上、床の菌を約99%除去*注11します。

*菌の除去効果は床面の状態により異なります。


●狭い隙間もしっかり掃除できる「床ピタ設計」:「スイング連動」により、ハンドルを倒してもクリーナーヘッドは床面に接ししたままなので、最低床上6.5cmの狭いすき間もしっかり掃除することが出来ます。

●ゴミ残しまセンサー:家具の下や本棚、エアコンの上等の目が届きにくい場所も、手元の「ゴミ残しまセンサー」ランプでゴミの有無を確認しながら掃除できます。「おまかせモード」ではゴミの有無に合わせて吸引力を自動で調整し、電池の消費を抑えます。

●まるごと水洗いが可能:サイクロンカップと排気清浄フィルター、またクリーナーヘッドのお手入れカバーと回転ブラシは簡単に取り外せ、水洗いも可能です。

●節電ストップ機能:掃除中にクリーナーヘッドを浮かせると約3秒後に一時停止、60秒後に運転を完全停止注 するので電池の無駄な消費を防ぎます。


【新製品の主な仕様】

形名 VC-CL1600 VC-CL600
(R)グランレッド、(N)ピンクブロンズ (W)ホワイト
電源(ACアダプター) 入力:AC100-240V 50/60Hz共用(0.25A)出力:直流21V 0.45A
モーター ハイスピードDCモーター HD25 (毎分最大 約110,000回転)
消費電力(ACアダプター) 本体充電部:約13W/充電完了後:約0.3W/本体をはずした時:約0.3W
本体電源方式 充電式(バッテリー:リチウムイオンバッテリー 18V、セル数:5)
外形寸法 スティック状態:幅266mm×奥行210mm×高さ1060mm
標準質量 1.8kg
本体質量注13 1.3kg
ゴミ集じん機能 バーティカルトルネードシステム(水洗い可能)
吸引持続力 99%以上
分離能力 99%以上
ゴミ圧縮 ◯ 約1/3圧縮
集じん容積 0.15L(帯電防止加工)
排気清浄 ○排気清浄フィルター(水洗い可能)
運転モード 標準/おまかせ/強
連続運転時間
(満充電時)
(標準)約30分(ヘッド有)、約35分(ヘッド無)/(おまかせ)約8~20分注14/(強)約8分
充電時間 約5時間注15
ヘッド (自走式)ラクトルパワーヘッド(抗菌ブラシ)
ゴミセンサー ○ゴミ残しまセンサー
節電機能 ○節電ストップ
コードの長さ 2m
付属品 ふとん用ブラシ、丸ブラシ、すき間ノズル すき間ノズル

★抗菌効果:【抗菌の加工処理を行っている部品の名称】床ブラシ(回転部のブラシ毛)【試験機関】(一財)カケンテストセンター【試験方法】JIS L1902【試験結果】99%以上【抗菌の方法】繊維に付着

*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

注1 従来機種「VC-CL1500」本体の体積2,934,610mm3に対し、新製品は2,475,840mm3であり、約15%の小型化を実現
注2 従来機種「VC-CL1500」標準モードでのクリーナーヘッド使用時の連続運転時間25分に対し、新製品は標準モードで30分運転。充電池初期、室温20℃の場合。周囲の温度、使用頻度、床面の材質・使用環境など、お使いの環境・条件などによって異なります
注3  (一社)日本電機工業会「充電式掃除機の自主基準試験方法」による。長期のご使用の際は、排気清浄フィルターのお手入れが必要です。ゴミの種類や条件によって異なります
注4 当社来機種VC-CL1500・500(2018年8月発売)との比較
注5 充電池初期、室温20℃の場合。周囲の温度、使用頻度、床面の材質・使用環境など、お使いの環境・条件などによって異なります
注6 当社試験ゴミ[繊維ゴミ(綿・紙・毛髪等)1/3質量、砂ゴミ2/3質量]による、圧縮前後の試験ゴミの体積を比較(吸込み前約450cm3、吸込み後約150cm3)。当社試験ゴミによるものであり、ゴミの種類や量などによって異なります
注7 標準質量は本体、延長管、パワーヘッドの合計質量
注8 当社従来機種VC-CL1500・500(2018年8月発売)の標準質量1.9kgに対し、新製品1.8kgで、約5%の軽量化
注9 (一社)日本電機工業会自主基準ゴミによる、分離前後の試験ゴミを比較(分離力99.0%以上)。ゴミの種類や量などによって異なります
注10 使用環境や使用時間、ゴミの種類によっては付着する場合があります
注11 菌の除去効果:菌の除去効果は床面の状態により異なります。また液体などが乾燥して付着した汚れに含まれる菌、フローリングの段差や溝に入り込んだ菌は取れない場合があります。99%の除去効果は拭き掃除直後のものであり、長時間の効果を保証するものではありません。長期間の使用によるブラシの劣化等で、99%の除去効果は減少することがあります。【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター【試験方法】菌を付着させた試験板をヘッドで1往復掃除した直後の菌の除去率を測定。【試験結果】菌の除去率99%(北生発2019_0173号)
注12 約60秒以内にヘッドを床面につけると運転を再開
注13 本体質量は本体のみの質量
注14 「おまかせ」での掃除運転時において。【ゴミ残しまセンサー】がゴミを検知しない場合、最長約20分の連続運転が可能。電池初期、室温20℃の場合。周囲の温度、使用頻度、床面の材質・使用環境など、お使いの環境・条件などによって異なります
注15 室温や使用時間などにより異なります


掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。



PDFプレスリリースをダウンロード(PDF形式、985バイト)