TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
企業情報

社会環境活動

化学物質管理

化学物質の管理

新規原材料・薬品の事前評価

新規に使用もしくは購入する原材料・薬品については事前評価を実施しています。環境汚染の未然防止を図ると共に、作業環境を中心とする衛生管理の充実を評価し、薬品等の使用を制限する環境関係法令、労働安全衛生法、消防法、その他関係法令の遵守を確認し、使用可否の判定を行っています。

オゾン層破壊物質の管理

オゾン層破壊物質の特定フロンは、工場に設置しているエアコンなどの冷媒として保有しており、その廃棄は法律の基準に沿って適切に処理を行っています。
また、フロン排出抑制法に定められた第一種特定製品の簡易点検及び定期点検を実施し、適切な管理を行っています。

大気・排水環境負荷物質の管理

大気汚染物質の主な原因となるSOx(硫黄酸化物)・NOx(窒素酸化物)、水質汚濁防止法の基準であるBOD(生物化学的酸素要求量)や浮遊物質等の排出量を把握し、排出量の適正な管理に取り組んでいます。また、事業所ごとに法律の規制よりも厳しい自主管理値を設定し、規制濃度を遵守しています。
2016年度は大気へのSOx・NOx・ばいじんの合計排出量を2015年度比で約3%削減することができました。水域へのBOD・浮遊物質及びその他の合計排出量は2015年度比で約1%削減することができました。

大気環境負荷の推移

大気汚染防止法に基づき、各々の濃度と排気量を乗じて負荷量として算出

排水環境負荷の推移

水質汚濁防止法に基づき、各々の濃度と排水量を乗じて負荷量として算出

※N-ヘキサン抽出物、フェノール類、銅、亜鉛、溶解性鉄、溶解性マンガン、総クロム、全リン、ニッケル