TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
企業情報

社会環境活動

資源有効活用

水使用量の削減

環境アクションプランでは、水使用量原単位を用いて活動を評価しております。
世界的な水問題への関心の高まりに対応し、水資源管理を推進しています。東芝ライフスタイルグループでは、特に洗濯機の開発・製造や部品の塗装工程など多くの水資源が用いられております。
東芝ライフスタイルグループでは、生産工程排水を排水処理施設にて処理した排水の一部をトイレの洗浄水に再利用や、冷却水の循環利用などの管理を継続し、2016年度の水受入量原単位は、2012年度比で94.0%となりました。
今後も当面増加する見込みですが、水資源管理を強化し継続的な水受入量原単位の改善をめざします。

水受入量原単位の推移

事例紹介

排水処理水のリサイクル利用/東芝ライフスタイル 愛知事業所

東芝ライフスタイル愛知事業所では、生産工程や開発試験等からの排水を排水処理施設で処理し、その水の一部をトイレ洗浄水にリサイクル利用しています。

逆浸透膜ろ過装置(RO unit)導入による処理水のリサイクル利用/東芝タイ電気工業社

東芝タイ電気工業社では、排水処理で処理した水の一部を逆浸透膜ろ過装置にて再処理し、純水を製造し、塗装前処理工程で使用する洗浄水にリサイクル利用しています。

MF filter

逆浸透膜ろ過装置

※RO: Reverse Osmosisの略

水道蛇口のハンドルをレバー式からプッシュ式へ更新による節水/コントロール・コンポーネント社

コントロール・コンポーネント社では、洗面所の水道蛇口ハンドルをレバー式からプッシュ式へ更新し、節水を図っています。
東芝ライフスタイルグループ他事業所においても同様の施策を実施し節水を図っています。

レバー式蛇口

プッシュ式蛇口