TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
企業情報

社会環境活動

環境マネジメント

サプライチェーンGHG把握

サプライチェーン全体における温室効果ガス(GHG)排出量の把握

東芝ライフスタイルグループでは、環境省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン」に基づき、自社の事業活動による排出量(SCOPE1、SCOPE2)に加え、自社の事業活動範囲外での間接的排出(SCOPE3)についても把握、算定しています。

サプライチェーンでのGHG排出量全体の8割以上を「販売した製品の使用に伴うGHG排出量」が占めていることから、東芝ライフスタイルグループは、エネルギー効率が高く、使用時のGHG排出量の削減につながる製品の開発に注力します。同時に事業活動によるCO2排出量削減にも継続的に取り組んでいきます。

2016年度のサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量

スコープ 算定対象カテゴリ 排出量
(千t-CO2
総排出
比率
算定概要※1 集計範囲
国内 海外
Scope1   直接排出 10.5 0.4% 自社での燃料の使用や工業プロセスによる直接排出
Scope2   エネルギー起源の間接排出 78.1 2.8% 自社購入した電気・熱の使用に伴う間接排出
Scope3 1 購入した製品・サービス 144.9 5.2% 原材料・部品、仕入商品・販売に係る資材等が製造されるまでの活動に伴う排出  
2 資本財 0.3 0.0% 自社の資本財の建設・製造から発生する排出  
3 Scope1,2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 5.5 0.2% 他社から調達している電気や熱等の発電等に必要な燃料の調達に伴う排出
4 輸送、配送(上流) 4.8 0.2% 購入した製品・サービスのサプライヤーから自社への物流に伴う排出  
5 事業所から出る廃棄物 0.5 0.0% 自社で発生した廃棄物の輸送、処理に伴う排出
6 出張 0.7 0.0% 従業員の出張に伴う排出  
7 従業員の通勤 6.4 0.2% 従業員が事業所に通勤する際の移動に伴う排出
8 リース資産(上流) (対象外) - 自社が借用しているリース資産の操業に伴う排出 - -
9 輸送、配送(下流) (対象外) - 自社が販売した製品の最終消費者までの物流に伴う排出
(自社が費用負担していないものに限る)
- -
10 販売した製品の加工 (対象外) - 事業者による中間製品の加工に伴う排出 - -
11 販売した製品の使用 2,524.5 89.8% 使用者(消費者・事業者)による製品の使用に伴う排出  
12 販売した製品の廃棄 34.2 1.2% 使用者(消費者・事業者)による製品の廃棄時の処理に伴う排出  
13 リース資産(下流) (対象外) - 賃貸しているリース資産の運用に伴う排出 - -
14 フランチャイズ (対象外) - フランチャイズ加盟者における排出 - -
15 投資 (対象外) - 投資の運用に関連する排出 - -
合計 2,810.3 100%