東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > 社会環境活動 > Green of Product > 環境調和型製品の開発

Green of Product

製品ライフサイクルを考えた製品づくり

当社では、持続可能な資源循環型社会の構築に向けて、製品の企画段階から、品質・コスト・遵法要求を満たしながら製品ライフサイクルにおける環境負荷を効率的に低減し、環境調和型製品を実現するため、環境設計アセスメントを取り入れた製品開発に取り組んでいます。
冷蔵庫などの白物家電製品は、ライフサイクルにおいて使用時のエネルギー消費比率が高くなります。そのため東芝ライフスタイル(株)グループは、特に使用時のエネルギー効率のすぐれた省エネタイプ製品を開発、生産しています。

環境調和型製品設計の基準

 当社では、省エネ、有害物質の不使用、グリーン調達、リサイクルに配慮した設計、使用済み製品のリサイクルなどの環境配慮事項を製品別の環境自主基準として設定し、環境調和型製品の実現をめざしています。

エクセレントECP

東芝グループでは、開発するすべての製品で、より優れた環境性能をめざすため、商品企画の段階からecoターゲットを設定しています。さらに、製品ライフサイクルの各段階において、「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの環境配慮要素を満たし、製品リリース時に、より優れた環境性能を達成している製品をエクセレントECPとしています。エクセレントECPの創出と普及拡大により、地球と調和した豊かな生活の実現をめざします。
※エクセレントECP製品の紹介は、以下のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

  • 液晶テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機・洗濯乾燥機
  • 掃除機
  • 家庭用エアコン

※詳しくはこちら (http://www.toshiba.co.jp/env/jp/products/index_j.htm


▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright TOSHIBA LIFESTYLE PRODUCTS & SERVICES CORPORATION, All Righgts Reserved.