TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

暖房

足元をケア暖房

足元の冷えを見つけて、
すばやくあたためる。

足元の冷えを見つけて、
すばやくあたためる。

足元ねらって暖房(快適運転:温冷熱センサー)

搭載機種
F-DX

「温冷熱センサー」で体表温度を検知して、冷えやすい足元に温風を届ける※1

センサーが体表温度を検知。ルーバーを自動制御することで、冷えやすい足元からぽかぽかに。

※1 使用環境により足元に温風が届かない場合があります。

全自動運転(快適運転)

搭載機種
F-DX

リモコンの「快適」ボタンを押すだけで、
ちょうどいい温度に自動で調節。

温度調節も、暖房・冷房の切り換えも、エアコンにおまかせ。センサーが人の快適度を判定して、暖房・冷房の切り換えから風量、パワーの調節まで、自動で快適な状態に。その都度、細かい設定をしたくない方におすすめです。

「安心できる暖かさ」なら
つけっぱなしにできるエアコンが正解です。

寒さに敏感なお子さまや、お年寄りのいるご家庭では、いつでも過ごしやすい室温を保ちたいですね。お部屋をすばやく暖めて、長時間つけっぱなしにしても気にならない。今そのようなエアコンが必要とされています。

秒速ダッシュ暖房 ※1

搭載機種
F-DR

スイッチONで待たずに温風。

あらかじめリモコンの「ダッシュ」ボタンで予熱設定しておくと、「暖房」ボタンひと押しですばやく温風が出ます。起床時、帰宅時など、2回の設定が可能です。

温風が出るまでわずか30秒※2

RAS-F406DRにおいて、当社独自の条件により評価。「ダッシュ」あり設定時。
予熱運転により平均360Wの電力を消費します。

※1 出荷時は「ダッシュ」設定:なし になっています。 ※2 RAS-F406DRにおいて、当社試験室にて、外気温2℃、室温10℃、「ダッシュ」あり設定時、予熱1時間後に暖房運転。予熱運転により平均360Wの電力を消費します。使用条件により温風が吹き出す時間は異なります。予熱運転は外気温10℃未満、室温15℃以下の場合に入ります。

Wビッグルーバー

搭載機種
F-DR

パワフルな気流だから、お部屋のどこに設置しても、床はもちろん隅々まで風が行き渡る。

※1 RAS-F406DRにおいて、オープンスペースで測定。風量「パワフル」設定時、左右風向ルーバーは正面スポット位置、上下風向ルーバーは風量最大位置において、エアコン本体から25mの地点に風が到達(風速0.2m/s以上)することを確認(当社調べ)。ルーバーの位置・お部屋の状況により到達距離が25mにならない場合があります。 ※2 RAS-F406DRにおいて、オープンスペースで測定。風量「パワフル」設定時、左右風向ルーバーは最大調節可能位置、上下風向ルーバーは風量最大位置において、エアコン本体から15mの地点に風が到達(風速0.2m/s以上)することを確認(当社調べ)。ルーバーの位置・お部屋の状況により到達距離が15mにならない場合があります。

快適気流

搭載機種
F-DR

お好みの気流を選んで快適に。

お使いになる状況に合わせ様々な気流をリモコンの「快適気流」ボタンで選べます。

「タイセツを、カタチに。」スペシャルムービー公開中

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube