TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

大清快20周年スペシャルサイト

[Since 1935]東芝のエアコンの歴史は、日本のエアコンの歴史でもありました。
[1953]日本初の家庭用ウインド形エアコンを発売。
[1982]世界初の家庭用インバーターエアコンを発売。
[1998]プラズマ空気清浄搭載エアコン『大清快』発売。
[2018]おかげさまで『大清快』は20周年を迎えました。
大清快20周年ロゴ
おかげさまで『大清快』は20周年を迎えました。
大清快20周年ロゴ
東芝エアコンの歴史をご紹介します。

1935年〜 エアコン黎明期 いち早く家庭用エアコンの開発へ

※名称等はトピックス当時の表記を使用しています。

1935年(昭和10年)

「芝浦ルームクーラ」発売

東芝エアコンの前身として「芝浦ルームクーラ」を発売。東芝エアコンの歴史は、ここからスタートしました。

1953年(昭和28年)

国産初の1馬力のルームクーラー「東芝ルームクーラー」RAC-101発売

RAC-101

家庭用エアコンの歴史は、窓に据え付けるウインド形エアコンから始まります。
日本ではそれまで輸入品が販売されていましたが、1953年(昭和28年)、東芝は業界で初めてウインド形エアコンを開発し、発売しました。

1961年(昭和36年)

家庭用スプリット形エアコン CLU-71発売

CLU-71(1961年 初期型)

現在では世界のルームエアコンの主流となっているスプリット形(セパレート形)ルームエアコンを、家庭用として世界で初めて開発し、発売したのは東芝でした。
冷却部分(室内機)と凝縮・圧縮部分(室外機)が分離していて、双方を配管でつなぐタイプです。圧縮機部分を室外に出すことで振動や騒音の問題を解決。室内の美観も向上することから、発売以来、非常に好評で、エアコンのスタンダードなスタイルとなりました。

1969年(昭和44年)

ロータリーエアコン RAS-81B発売

RAS-81B

エアコン用ロータリーコンプレッサーの開発に全社を挙げて取り組み、業界で初めて、自社技術による製品化に成功。このロータリーコンプレッサーにより、高い冷房能力と低騒音、小型化を実現しました。この後、メーカー各社がロータリーコンプレッサーの研究に着手することになります。 東芝のロータリーエアコンは、翌1970年(昭和45年)からは「木かげ」という商品名で発売されました。

木かげロゴ

1978年(昭和53年)

奥行120mmの薄型エアコン RAS-185SKV発売

RAS-185SKV 木かげロゴ

スプリット形エアコンが普及してくると、室内機の薄型化が競われるようになりました。
1978年(昭和53年)、東芝は業界で最薄型の奥行寸法120mmというRAS-185SKVを発売。1980年(昭和55年)には、奥行寸法98mmのRAS-165LKを発売しました。
この薄型記録は未だに破られていません。

1981年(昭和56年)

電気集じん機を搭載したエアコン RAS-185YKC発売

RAS-185YKC

それまで工業用の大型装置しかなかった電気除じん機を劇的にコンパクト化し、家庭用エアコンに搭載。エアフィルターでは取り除けなかったタバコの煙の微粒子なども集じんできるようになり、冷房のオフシーズンでも、空気清浄機として利用できるようになりました。

1982年〜 快適さと省エネの追求

※名称等はトピックス当時の表記を使用しています。

1982年(昭和57年)

家庭用インバーターエアコン RAS-225PKHV発売

家庭用インバーターエアコンRAS-225PKHV 家庭用インバーターエアコン木かげロゴ

低速から高速まで広範囲な回転速度で運転できるACインバーター駆動シングルロータリーコンプレッサーを世界に先駆けて開発し、家庭用エアコンに搭載。エアコン技術史に革命を起こしたとして、1984年(昭和59年)には(財)新技術開発財団から「市村産業賞」を受賞、2008年(平成20年)には(社)電気学会の第一回「でんきの礎」に登録されました。

インバーターとは?

インバーターとは、電源の周波数を変えることでモーターの回転数を制御する装置です。ムダなエネルギー消費を低減できることから、現在ではさまざまな分野の製品で利用されています。

エアコン省エネ化の先駆けとなった東芝のインバーター技術

1973年の石油危機によって社会の省エネへの気運が高まり、エアコンにもより一層の省エネ化が必要となりました。それまで、エアコンの室温調整は圧縮機のオン・オフによって行っていましたが、より広範囲できめ細かい能力制御が求められるようになったのです。
しかし、当時は回転速度を変えて運転できるコンプレッサーが存在せず、また、インバーターは高価で大きいという欠点があったため、家庭用エアコンへの搭載は困難でした。
東芝は独自の技術により、業務用に比べて1/3の大きさという、大幅に小型・軽量化したインバーターの開発に成功。家庭用エアコンへの搭載を実現して、現在の省エネ技術の先駆けとなりました。
その記念碑的な製品となったのがRAS-225PKHVです。

小型化され、家庭用エアコンの室外機に搭載可能となった東芝のACインバーター

1989年(平成元年)

インバーターツインロータリー搭載エアコン

二段式電気集じん空気清浄機搭載エアコン

RAS-251BVR発売

RAS-251BVR 東芝ツインロータリーエアコン木かげロゴ

インバーターツインロータリーコンプレッサー

ツインロータリーコンプレッサー

世界初のACインバーターツインロータリーコンプレッサーを開発し、エアコンの大容量化を実現。同時に、より幅広い能力コントロールが可能になりました。

二段式電気集じん空気清浄機

空気の質の改善のために、業界初となる独自の二段式電気集じん空気清浄機を搭載。1段目のイオン化部で高圧放電により帯電させた汚れの微粒子を、2段目の集じん部に引き寄せて吸着させるこの技術は、『大清快』のプラズマ空気清浄機のベースとなる画期的な技術でした。

1993年(平成5年)

DCインバータツインロータリーコンプレッサー搭載エアコン RAS-281NTDを発売

RAS-281NTD デジタルツインロータリーロゴ

DCインバータツインロータリーコンプレッサーの開発に成功。これにより、前年度機種より約50%も経済性を高めることが可能になりました。

1998年〜 もっと健康的な毎日のために空気をキレイにするエアコン『大清快』の時代へ

※名称等はトピックス当時の表記を使用しています。

1998年(平成10年)

プラズマ空気清浄搭載エアコン『大清快』RAS-285BDR発売

RAS-285BDR 大清快ロゴ

多くのメーカーが空気清浄フィルター搭載などの健康支援訴求を行う中、東芝は、プラズマ空気清浄機(二段式電気集じん空気清浄機)を搭載し、JEM空気清浄適用床面積が最大14畳という高い空気清浄能力を誇るエアコン『大清快』RAS-285BDRを発売。
ユーザーの健康志向の高まりとマッチし、エアコンの新時代を拓く人気機種となりました。

空気清浄機能の構造

2002年(平成14年)

フラットパネル採用/セルフクリーン機能搭載エアコン RAS-285UDR発売

RAS-285UDR 大清快ロゴ

エアコンをより美しく見せるために、業界で初めて前面パネルにフラットパネルを採用。運転時はパネルが開き送風効率を高め、さらなる省エネ性を実現。運転停止時はパネルが閉じ、エアコン自身が内部を清掃し汚れを防ぐセルフクリーン運転を実現。外見と機能面の両立が図られたエアコンとして、人気商品となりました。

セルフクリーン機能の構造

2004年(平成16年)

可変気筒デュアルステージコンプレッサー搭載エアコン RAS-406NDR発売

RAS-406NDR 大清快ロゴ

ツインロータリーコンプレッサーの片方のシリンダー(圧縮室)を必要に応じて休止させることができる、世界初の可変気筒デュアルステージコンプレッサーを開発。インバータによる低速運転との組み合わせにより、扇風機並みの小さな電力で冷房できる世界唯一のエアコンを実現しました。

可変式デュアルステージコンプレッサー

2008年(平成20年)

メンテフリー空気清浄機能搭載エアコン RAS-402BDR発売

RAS-402BDR 大清快ロゴ

2005年以降、エアフィルター自動清浄機能や内部清浄機能等、ユーザーのお手入れの手間を軽減させる機能がトレンドとなりました。
その進化にあわせ、「熱交換器に集じん機能を持たせ、ドレン水で汚れを洗い流す」機能を開発。空気清浄機能部分のメンテナンスを不要にしました。
以後、現行モデルまでメンテフリー機能を継続採用しています。

2015年(平成27年)

容量可変型コンプレッサー搭載エアコン RAS-406SDR発売

RAS-406SDR 大清快ロゴ

住宅の省エネ化指向を背景に、高気密・高断熱の住宅としてネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に注目が集まっています。
高気密・高断熱の住宅では、エアコンは小能力帯の使用頻度が増大します。東芝は、その小能力帯での高効率運転に着眼し、エナジーセーブコンプレッサーを開発しました。

ZEHの補助金申請のための、住宅の「エネルギー消費性能計算プログラム」において、「容量可変型コンプレッサー」は、エネルギー消費の抑制に寄与するとしてポイントが高くなっています(特定区分に評価されています)。東芝のエナジーセーブコンプレッサーは、業界で唯一「容量可変型コンプレッサー」と認定されています。

2018年(平成30年)2月

『大清快』Eシリーズ発売 東芝は、これからも空気のことを考え、皆様に快適な生活空間を提供してまいります。『大清快20th』

プラズマ空清搭載エアコンの詳細紹介はこちら

ショッピング・サービス

東芝ダイレクトに酷似したウェブサイトにご注意ください

PINT! あなたにも「ピンときちゃった!」を。
YouTube 東芝生活家電 Officialチャンネル