TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

コードレスクリーナー
VC-CL1600/VC-CL600

機能・仕様表
[機能マーク一覧]

2段階の遠心分離で微細なチリまで分離水洗い可(サイクロン部、ダストカップ)

高さ6.5cm以上の家具のすき間までヘッドが入り込める

ブラシや床面の静電気の発生を抑えてゴミ離れをよくする

ゴミの有無を光でお知らせ

負担なく
握れるから
操作がラク

★抗菌効果 抗菌の加工処理を行っている部分の名称 試験機関 試験方法 試験結果 抗菌の方法
床ブラシ(回転部のブラシ毛) (一財)カケンテストセンター JIS L 1902 99%以上 繊維に付着
  • ※1.

    (一社)日本電機工業会「充電式掃除機の自主基準試験方法」による。長期のご使用の際は、排気清浄フィルターのお手入れが必要です。ゴミの種類や条件によって異なります。

  • ※2.

    日本電機工業会自主基準ゴミによる、分離前後の試験ゴミを比較(分離力99%以上)。ゴミの種類や量などによって異なります。

  • ※3.

    当社試験ゴミ[繊維ゴミ(綿・紙・毛髪等)1/3質量、砂ゴミ2/3質量]による、圧縮前後の試験ゴミの体積を比較(吸い込み前約450cm3、吸い込み後約150cm3)。当社試験ゴミによるものであり、ゴミの種類や量などによって異なります。

  • ※4.

    立てかける時は「滑り止めゴム」を壁に当て、部屋の隅や家具の間など、倒れにくい場所をお選びください。充電時や長時間の立てかけをしないでください。

  • ※5.

    菌の除去効果:菌の除去効果は床面の状態により異なります。また液体などが乾燥して付着した汚れに含まれる菌、フローリングの段差や溝に入り込んだ菌は取れない場合があります。99%の除去効果は拭き掃除直後のものであり、長時間の効果を保証するものではありません。長期間の使用によるブラシの劣化等で99%の除去効果は減少することがあります。【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター【試験方法】菌を付着させた試験板をヘッドで1往復掃除した直後の菌の除去率を測定【試験結果】菌の除去率99%(北生発2019_0173号)

  • ※6.

    使用環境や使用時間、ゴミの種類によっては付着する場合があります。

  • ※7.

    充電池初期、室温20度の場合。床面の材質・お掃除する場所のゴミの状態・使用環境により異なります。

  • ※8.

    床ブラシを使用しない場合。

  • ※9.

    床ブラシを使用する場合。

  • ※10.

    「おまかせ」での掃除運転において、「ゴミ残しまセンサー」がゴミを検知しない場合、最長約20分の連続運転が可能。

  • ※11.

    標準質量は本体・延長管・ヘッドの合計質量です。(本体質量)は本体のみの質量です。

  • ※12.

    電動ではありません。

  • このページではVC-CL1600を中心に説明しています。

  • 画像・イラストはイメージです。

  • 外観・仕様は、改良のため変更する事がありますのでご了承ください。

  • 商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

  • (*)

    オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。

バッテリーのリサイクル
VC-CL1600、VC-CL600はリチウムイオン電池を内蔵しています。製品廃棄時など不要になったバッテリーは貴重な資源を守るために、廃棄しないで充電式電池リサイクル協力店へお持ちください。その場合、ショート防止のために必ず金属端子部にテープ等を貼って絶縁してください。

以下のホームページから全国各地のリサイクル協力店が簡単に検索できます。
一般社団法人JBRCホームページ http://www.jbrc.com

一般に、サイクロンクリーナーは吸込性能を保つためにダストカップ、各フィルターのこまめなお手入れ(水洗い)が必要です。

試験結果は前述の試験方法条件下での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。

「タイセツを、カタチに。」スペシャルムービー公開中

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube