TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

[オーブンレンジ]フルラインアップ

過熱水蒸気オーブンレンジ

  • ※1.350℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を260℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。
    過熱水蒸気・ハイブリッドで設定できる温度は300℃までです。また、設定温度が350℃のときは予熱温度は300℃になります。
    温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。
    庫内に食品や付属品を入れて測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
    350℃は一般社団法人日本電機工業会(JEMA)「表示に関する自主基準(平成19年6月19日制定)」 に準ずる。
  • ※2.取扱説明書および料理集の自動調理可能なメニュー数(自動あたためを含み、お手入れを除く)。
  • ※3.2018年4月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジ総庫内容量30L以上において。
  • ※4.2018年4月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて。深さ約5cmの深皿を使った「深皿メニュー」を搭載。
  • ※5.300℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を240℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。
    過熱水蒸気で設定できる温度は250℃までです。また、設定温度が300℃のときは予熱温度は270℃になります。
    温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。
    庫内に食品や付属品を入れて測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
  • ※6.270℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。調理温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。
    過熱水蒸気で設定できる温度は250℃までです。また、設定温度が220~260℃のときは予熱温度は210℃になり、設定温度が270℃のときは予熱温度は250℃になります。
    温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。
    庫内に食品や付属品を入れて測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
  • ※7.250℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。調理温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。
    また、設定温度が210℃以上のときは予熱温度は200℃になります。
    温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。
    庫内に食品や付属品を入れて測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
  • ※8.190℃以上での運転時間は約5分です。その後は自動的に180℃に切り換わります。また、140℃以上での運転時間は、約50分です。その後は自動的に130℃に切り換わります。
    温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。
    庫内に食品や付属品を入れて温度を測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
  • ※9.定格高周波出力900Wは短時間高出力機能(最大3分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。
    600Wへは自動的に切り換わります(900Wで繰り返し加熱する場合に、途中で600Wに切り換わることがあります)。