TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

氷結晶チルド VEGETAなら、明日もおいしく食べられる。

氷結晶チルド VEGETAなら、明日もおいしく食べられる。

氷のラップで、生のおいしさそのままキープ。*

* 運転状況や食品の種類、状態や量により、効果は異なります。当社調べ。
約10日間※1
約7日間※2
約7日間※3
  1. 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】牛もも肉を包装状態(ラップ)で新商品GR-S600FZのチルドルーム(氷結晶チルドモード設定)にて10日間保存後に測定、【試験結果】牛もも肉の生菌数(単位 CFU/g)、初期値:1.2×103、氷結晶チルドモード設定時:5.6×104。生菌数は一般的に107が初期腐敗とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。
  2. 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】真鯛のサクを包装状態(ラップ)で新商品GR-S600FZのチルドルーム(氷結晶チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】真鯛のK値、氷結晶チルドモード設定時:14%。K値は主に魚の鮮度を表す指標で、一般的に20%以下が刺身用とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。
  3. 【試験方法】さわらを包装状態(ラップ)で新商品GR-S600FZのチルドルーム(氷結晶チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】さわらのK値、初期値:16%、氷結晶チルドモード設定時:55%。当社調べ。K値は主に魚の鮮度を表す指標で、一般的に60%以上が初期腐敗とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。

すばやく冷却、上手に解凍も。
チルドルームの便利な機能が進化しています。

速鮮チルドモード
買ってきた食材を、すばやく冷やす。
食材の芯まで一気に「スピード冷却」

約−4℃の大風量冷気で冷却。買い物後に温度が上がった食材を急速に冷やし、鮮度が落ちるのを防ぎます。また、常温の缶飲料をすぐにひんやりさせたいときにも便利です。

* 水分の多い食品や卵、飲料などを置くと凍ることがあります。
解凍モード
冷凍した食材を、上手に解凍。
旨みと栄養を守りながら「スピード解凍」

冷凍した食材を、約30分※4で包丁でサクッと切れる約−7℃に解凍。しかもドリップの流出を抑え、旨みや栄養をしっかり守ります。

  1. 上段チルドケースにて、−18℃のさく状のサーモン切り身150g、厚さ10mmを「解凍モード」設定時。食品の種類や量、置き場所、包装状態によって解凍時間は異なります。当社調べ。

新鮮保存のヒミツ


うるおい冷気の水分を利用し、うすい氷で食材全体を包み込みます。生のおいしさを保ちながら、鮮度をしっかりキープ。

今日買ったお肉が
明日もおいしい

氷結晶チルドモードなら、お肉もお魚も冷凍
せずに生のまま長く保存できちゃう。
急な予定変更で、今日買ったお肉を明日食べる
ことになっても、おいしいまま食卓に
並べられます。

ラインアップ 発売予定一覧

FZシリーズ 5月発売予定

GZシリーズ 4月発売予定

「タイセツを、カタチに。」スペシャルムービー公開中

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube