TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社

切り替え冷凍室/オートパワフル冷凍室 手間をかけずに、もっともっとラクに冷凍できる。

切り替え冷凍室/オートパワフル冷凍室 手間をかけずに、もっともっとラクに冷凍できる。

切り替え冷凍室

デリケートな野菜は、やさしくゆっくり冷凍。

野菜そのまま冷凍※1

こんな使い方も

煮物や揚げ物※2には「野菜冷凍ドライ※3おすすめ。

鍋物等は短時間で味がしみこむ

揚げ物はカラッと揚がる※2

通常の「野菜そのまま冷凍※1」よりも水分量を減らして凍らせるので、旨みが凝縮。
いつもの料理が、もっとおいしくなります。

* 野菜冷凍ドライ以外で冷凍した野菜は油で揚げないでください。水分を含んでいるため、油がはねてやけどをする場合があります。
  1. なす、ほうれん草など、あくの強い野菜やレタス、きゅうりなど、主に生で食する野菜は野菜そのまま冷凍には適していません。また、野菜の種類や冷凍前の状態により解凍後の食品状態は変化します。野菜そのまま冷凍をした食品の保存期間は約1ヶ月が目安です。
  2. 必ず衣等をつけてから調理してください。素揚げはできませんのでご注意ください。野菜そのまま冷凍で冷凍した野菜を揚げることはできません。
  3. 野菜冷凍ドライは冷凍機能であり、乾燥を主目的とした機能ではありません。ドライフルーツのように乾燥させることはできません。

温かいもの※4も、肉や魚も、おいしさそのままスピード冷凍。

一気冷凍※5

おいしさのヒミツ

肉や魚は一気に凍らせることで、細胞が壊れにくい。

ステーキ肉のドリップ比較※6(当社比)

通常冷凍※7

一気冷凍※5

  1. 手で持てない温度(55℃以上)の食品は入れないでください。やけどや容器変形の原因になります。
  2. 最大氷結晶生成帯(−1℃~−5℃)の通過時間約43分、通常冷凍約143分(アルミプレート使用の場合)。外気温20℃、扉開閉なし、150g、10mm厚の牛サーロインステーキ(ラップあり)での当社調べ。一気冷凍終了後の食品負荷温度は、通常冷凍温度(約−18℃)に戻ります。入れる食品の温度や量によっては、冷凍までに時間がかかる場合があります。一気冷凍設定時には、通常冷凍運転と比べ、約5~10%消費電力量が増加します。なお、消費電力量は使用条件によって変化します。
  3. ラップした150g牛ステーキ肉を使用。一気冷凍は上段冷凍室(アルミトレイ上)、通常冷凍は下段冷凍室で1週間冷凍後、冷蔵室で解凍。外気温25℃、扉開閉なしの場合。当社調べ。
  4. 通常の冷凍モード(約−18℃)での冷凍です。

オートパワフル冷凍室

パワフルな冷凍で、しっかり保存。

冷凍室専用の冷却器が、大風量のパワフル冷気を送りこみ一気に凍らせ、つねに−18℃以下をキープ。霜つきを抑えて旨みや栄養が流れ出るのを防ぎ、おいしいまま保存します。

使い勝手の工夫。
  1. GR-S600FZの冷凍室下段、上段ケースまでの内側寸法深さ。

製氷室

清潔でニオイの少ない氷。

新鮮ツイン冷却システムによる冷凍専用冷気で製氷するから食品のニオイ移りが少なく、クリーンでおいしい氷が作れます。

  1. 給水経路:給水タンク、ホース、ポンプ。

冷凍ストックで
手軽にひと手間

生の野菜から温かいごはんまで、冷凍モードを
切り替えるだけで、上手にホームフリージングできちゃう。
凍ったままの刻みネギやパセリの葉を、うどんやスープに
パラッと加えるだけで、彩りも風味も手軽にワンランクアップ!

ラインアップ

FZシリーズ

GZシリーズ

「タイセツを、カタチに。」スペシャルムービー公開中

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube