TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
保存を超えて旨さまで。チルド以上のチルド登場。
保存を超えて旨さまで。チルド以上のチルド登場。

スイッチひとつで、おいしさ自在RuRuRuチルド

スイッチひとつで、おいしさ自在RuRuRuチルド

まったく新しいチルド機能。入れるだけで旨みがアップする。

まったく新しいチルド機能。入れるだけで旨みがアップする。

鮮度・時短はあたりまえ。味まで高める、これからの新基準。

生鮮食品の鮮度を、約7日間キープ※2したまま保存。
しかも、入れる前より食材の旨さを引き上げる、いままでの概念を超えるチルドです。
まとめ買いして、家事の負担を軽減。素材のおいしさが変わるから、料理の味まで高めます。
*運転状況や食品の種類、状態や量により、効果は異なります。当社調べ。賞味期限・消費期限を延ばす効果はありません。

買ってきた肉や魚を、凍らせずにおいしく食べたい

鮮度を追求すると味が落ちる。味にこだわると腐敗が進む。この相反する機能を解決したのが、東芝の技術力です。おいしさのために最適な約−1℃※8の低温状態を一定に保ちながら、菌の繁殖を抑制。※9 ※10腐敗やニオイを抑えます。※11

酸化ジルコニウムの追加によって、さらにアップした分解機能。空気中の菌の繁殖やニオイを防ぎ※9 ※11、クリーンな状態を保ちます。

LEDの光でチルドルームを除菌※10。腐敗の原因となる、食品の表面に付いた菌の繁殖を抑制します。

鮮度・時短はあたりまえ。味まで高める、これからの新基準。

生鮮食品の鮮度を、約7日間キープ※2したまま保存。
しかも、入れる前より食材の旨さを引き上げる、いままでの概念を超えるチルドです。
まとめ買いして、家事の負担を軽減。素材のおいしさが変わるから、料理の味まで高めます。
*運転状況や食品の種類、状態や量により、効果は異なります。当社調べ。賞味期限・消費期限を延ばす効果はありません。

買ってきた肉や魚を、凍らせずにおいしく食べたい
生のおいしさを買ったときより引き上げる
いつものお肉がやわらかジューシー

鮮度を追求すると味が落ちる。味にこだわると腐敗が進む。この相反する機能を解決したのが、東芝の技術力です。おいしさのために最適な約−1℃※8の低温状態を一定に保ちながら、菌の繁殖を抑制。※9 ※10腐敗やニオイを抑えます。※11

酸化ジルコニウムの追加によって、さらにアップした分解機能。空気中の菌の繁殖やニオイを防ぎ※9 ※11、クリーンな状態を保ちます。

LEDの光でチルドルームを除菌※10。腐敗の原因となる、食品の表面に付いた菌の繁殖を抑制します。

凍らせず一気に冷却。しかも、おいしい。

凍らせず一気に冷却。しかも、おいしい。

お刺身や果物などの食材、冷しゃぶやヴィシソワーズなどのお料理。冷やしたいものをスグに冷やせる機能です。ハンバーグ用に炒めた玉ねぎを冷ますといった、調理シーンでも重宝。一気に冷却するので、おいしさも栄養も逃がしません。

大風量とアルミトレイの効果でパワフルに。ギリギリ凍らない約-4℃で芯まで冷やすため、食材の細胞を壊さず、風味や栄養を逃がしません。

すばやくひんやり、鮮度も風味も閉じ込める。

お刺身や果物などの食材、冷しゃぶやヴィシソワーズなどのお料理。冷やしたいものをスグに冷やせる機能です。ハンバーグ用に炒めた玉ねぎを冷ますといった、調理シーンでも重宝。一気に冷却するので、おいしさも栄養も逃がしません。

秘密はココ!!

大風量とアルミトレイの効果でパワフルに。ギリギリ凍らない約-4℃で芯まで冷やすため、食材の細胞を壊さず、風味や栄養を逃がしません。

芯まで一気に冷やす「スピード冷却」。

上手に解凍。旨みを守って、逃さない。

上手に解凍。旨みを守って、逃さない。

凍らせた肉や魚を、包丁でサクッと切れる硬さの約-7℃に。本来の風味が損なわれやすい解凍を、手間をかけずに賢くできます。

冷気が一気に包み込み、約30分※17で食材を解凍。肉や魚のドリップの流出を抑え、旨みや栄養をしっかり守ります。

おいしさを損なわず、手間をかけずにお料理へ。

凍らせた肉や魚を、包丁でサクッと切れる硬さの約-7℃に。本来の風味が損なわれやすい解凍を、手間をかけずに賢くできます。

秘密はココ!!

冷気が一気に包み込み、約30分※17で食材を解凍。肉や魚のドリップの流出を抑え、旨みや栄養をしっかり守ります。

旨みと栄養を守る「急速解凍」。
  • ※1 低温チルドモード設定時は約15%消費電力量が増加します。尚、消費電力量は使用条件により異なります。
  • ※2 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】鶏ひき肉を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】鶏ひき肉の生菌数(単位 CFU/g)、初期値:2.1×104、GR-R600FZ:3.4×104。生菌数は一般的に107が初期腐敗とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。
  • ※3 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】サンマ一尾を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて5日間保存後に測定、【試験結果】サンマのK値、初期値:20%、GR-R600FZ:33%。K値は主に魚の鮮度を表す指標で、一般的に60%以上が初期腐敗とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。
  • ※4 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】真鯛のサクを包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて3日間保存後に測定、【試験結果】真鯛のK値、初期値:9%、GR-R600FZ:9%。K値は主に魚の鮮度を表す指標で、一般的に20%以下が刺身用とされています。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。
  • ※5 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】遊離グルタミン酸定量分析、鶏もも肉を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて7日間保存後に測定、【試験結果】鶏もも肉のグルタミン酸、初期値:28mg/100g、GR-R600FZ:46mg/100gとなり約1.6倍増加。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
  • ※6 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】遊離グルタミン酸定量分析、カツオの切り身を包装状態で新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて3日間保存後に測定、【試験結果】カツオの切り身のグルタミン酸、初期値:3mg/100g、GR-R600FZ:10mg/100gとなり約3.3倍増加。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
  • ※7 【試験方法】牛肩ステーキ肉(幅:10mm×30mm、厚さ:10mm)の試験片を新商品GR-R600FZのチルドルーム(低温チルドモード設定)にて7日間保存後、クリープメーターにて刃を試験片に押し当てた際の最大荷重を測定、【試験結果】初期値:11.5N、GR-R600FZ:7.7。当社調べ。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
  • ※8 運転環境や条件により、温度は上下することがあります。当社調べ。
  • ※9 【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター、【試験方法】410L試験ボックス内に菌を噴霧、ルネキャット運転後の浮遊菌数の変化を測定、【対象場所】冷蔵室、チルドルーム、野菜室、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認、試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。【報告書番号】北生発2018_0203。
  • ※10 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】チルドルーム上段に滴下した菌液を72時間後に回収し測定、【対象場所】チルドルーム、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
  • ※11 【試験方法】ルネキャットあり/なしの冷蔵庫内にアンモニアを注入し、一定時間毎に検知管で濃度を測定。周囲温度20℃、扉開閉なしの場合。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。また、全てのニオイがとれるわけではありません。当社調べ。
  • ※12 ルネキャットは(株)東芝の登録商標です。
  • ※13 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】イノシン酸定量分析、ブリの切り身を包装状態で2016年度商品GR-K600FWXと新商品GR-R600FZのチルドルーム(速鮮チルドモード設定)にて3日間保存後に測定、【試験結果】初期値からの保持率、従来品:76%、GR-R600FZ:90%。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
  • ※14 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】ビタミンE定量分析、ブリの切り身を包装状態で2016年度商品GR-K600FWXと新商品GR-R600FZのチルドルーム(速鮮チルドモード設定)にて3日間保存後に測定、【試験結果】初期値からの保持率、従来品:93%、GR-R600FZ:100%。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
  • ※15 新商品GR-R600FZ。
  • ※16 2014年度商品GR-H610FV。
  • ※17 上段チルドケースにて、−18℃のさく状のサーモン切り身150g、厚さ10mmを「解凍」モード設定時。食品の種類や量、置き場所、包装状態によって解凍時間は異なります。当社調べ。
  • ※18 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】牛もも肉(150g、厚さ20mm)を9日間冷凍後、包装状態で4時間常温(室温20℃)解凍後と新商品GR-R600FZのチルドルーム(解凍モード設定)にて解凍後のドリップ量比較。【試験結果】常温解凍:3.3g、GR-R600FZ:1.0g。食品の状態や保存状況によって効果は異なります。
ショッピング・サービス

東芝ダイレクトに酷似したウェブサイトにご注意ください

PINT! あなたにも「ピンときちゃった!」を。

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube