TOSHIBA
東芝ライフスタイル株式会社
まるで、摘みたて。シャキッと野菜に、きっと感動。
まるで、摘みたて。シャキッと野菜に、きっと感動。

約7日間新鮮。野菜がもっとおいしく、栄養まで保てます。

約7日間新鮮。野菜がもっとおいしく、栄養まで保てます。

見て食べて実感。みずみずしさ、彩り、段違い。

野菜にもっとも適した低温・高湿度環境で、摘みたてのフレッシュさを持続。約7日間保存してもしおれにくく、水分たっぷりのおいしさと、シャキシャキの食感を味わえます。劣化を抑えるので変色しにくく、栄養も逃がしません。

見て食べて実感。みずみずしさ、彩り、段違い。

野菜にもっとも適した低温・高湿度環境で、摘みたてのフレッシュさを持続。約7日間保存してもしおれにくく、水分たっぷりのおいしさと、シャキシャキの食感を味わえます。劣化を抑えるので変色しにくく、栄養も逃がしません。

みずみずしくシャキシャキ
みずみずしくシャキシャキ

1日20回以上※7も循環するうるおい冷気から、水分だけを取り出して野菜室へ。野菜に直接風を当てないので乾燥を防ぎ、みずみずしさを保てます。余分な水分は放出するため、結露も抑えます。

「ミストチャージユニット」内の透湿シートにプラチナ触媒を加えることで、野菜の劣化を促すエチレンガスを強力に分解※6します。

1日20回以上※7も循環するうるおい冷気から、水分だけを取り出して野菜室へ。野菜に直接風を当てないので乾燥を防ぎ、みずみずしさを保てます。余分な水分は放出するため、結露も抑えます。

「ミストチャージユニット」内の透湿シートにプラチナ触媒を加えることで、野菜の劣化を促すエチレンガスを強力に分解※6します。

  • ※1 食品負荷有り時、当社試験結果による。運転状況や食品の量によって異なります。
  • ※2 ラップなしで野菜室に保存、4日後と7日後の比較。外気温25℃、扉開閉なし。保存前の状態や種類、運転状況によって異なります。当社調べ。
  • ※3 2016年度商品GR-K600FWX「新鮮 摘みたて野菜室」。
  • ※4 新商品GR-R600FZ「もっと潤う 摘みたて野菜室」。
  • ※5 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター、【試験方法】2016年度商品GR-K600FWX「新鮮 摘みたて野菜室」と新商品GR-R600FZ「もっと潤う 摘みたて野菜室」に保存し7日後の測定値を比較。【試験方法】高速液体クロマトグラフ法にて赤パプリカのビタミンC濃度を測定、【試験結果】従来品:96%、GR-R600FZ:100%。保存前の状態や種類、運転状況によって異なります。
  • ※6 【試験方法】125L試験ボックス内にエチレンガスを注入し、ガスクロマトグラフ法にて一定時間毎にエチレン濃度を測定、【測定結果】2017年度商品GR-M600FWXと新商品GR-R600FZ搭載仕様の比較。分解速度、GR-M600FWX:270μL/h、GR-R600FZ:324μL/h。当社調べ。 
  • ※7 運転環境や条件により、回数は増減することがあります。当社調べ。 
ショッピング・サービス

東芝ダイレクトに酷似したウェブサイトにご注意ください

PINT! あなたにも「ピンときちゃった!」を。

東芝ライフスタイル Official SNS

  • facebook
  • twitter
  • youtube